FotoNationとベリシリコンが次世代先進コンピュータービジョンとコンピューテーショナルイメージングプラットフォーム(IPU2.0)で協業

ビジネスワイヤ 2016年12月21日(水)19時03分配信

(ビジネスワイヤ) -- Tessera Holding Corporation(Nasdaq: TSRA)(「当社」または「Tessera」)は本日、完全子会社のFotoNation Limitedとベリシリコン・ホールディングス(「ベリシリコン」)が次世代画像処理プラットフォームを共同開発する契約を締結したと発表しました。本プラットフォームは、コンピュータービジョン(CV)、コンピューテーショナルイメージング(CI)、深層学習の分野においてクラス最高のプログラミング自由度、低消費電力、高性能を実現するものです。市場投入の準備ができたこの新IPプラットフォームはIPU2.0と呼ばれ、2017年第1四半期より顧客へライセンスしてデザインインに供することが可能となります。本IPは、サーベイラインス、車載、モバイル、IoTなど幅広いアプリケーション向けに、統合プログラミング環境と統合イメージング機能を提供します。

FotoNationのハイブリッドイメージング手法がベリシリコンの並列計算機能と密に結び付くことで、IPU2.0は業界で実証済みのコンピュータービジョン/コンピューテーショナルイメージング/深層学習ソリューションを市場に提供する上で、理想的なプラットフォームとなっています。また、IPU2.0では、OpenVX、OpenCL、OpenCV、Caffe、TensorFlowなどのオープンイニシアチブを通じて差別化を実現することで、コンピュータービジョン、コンピューテーショナルイメージング、ディープニューラルネットワーキングの諸機能をシームレスに同時処理できます。今回の技術/IP共同開発契約は、両社双方の独自技術を活用することで、業界で実績のあるリアルタイム並列実行のイメージング機能を多彩にプリロードしたオープンイメージングプラットフォームを市場投入しようとするものです。

市場インテリジェンス企業のトラクティカによる最近の調査報告書によれば、コンピュータービジョンのハードウエア、ソフトウエアの市場規模は2015年の66億ドルから、2022年には486億ドルに成長すると見積もられています1。また、高性能で高速、低消費電力の組み込みビジョンソリューションは、車載、スポーツ、エンターテインメント、コンシューマー製品、ロボットとマシンビジョン、セキュリティーとサーベイラインス、農業、小売業、医療という市場で需要の成長が期待されていると、同社は予測しています。

FotoNationのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるSumat Mehraは、次のように述べています。「IPU2.0の投入により、FotoNationとベリシリコンは、プログラミング自由度、消費電力、性能、市場の対象地域において最適な組み合せを実現することで、コンピュータービジョンやコンピューテーショナルイメージングの技術水準を高めます。私たちはベリシリコンとの協業により、両社のOEMやODMの顧客が、両社の最新のCV/CI/深層学習機能を搭載したエンドツーエンドの統合コンピュータービジョンアプリケーション/システムの開発と提供を加速できるようにしました。これらの新しいソリューションは、OEMやODMがコンピュータービジョンや先進的イメージングアプリケーションを自社の製品ポートフォリオに取り込む上で、市場の重要なニーズを満たすものとなります。」

ベリシリコンのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高戦略責任者(CSO)兼IP部門担当ゼネラルマネジャーを務めるウェイジン・ダイ氏は、次のように述べています。「ベリシリコンのビジョンプロセッサーコアシリーズはシリコンで実績があり、拡張性を備えており、世界一流の車載/サーベイランス製品サプライヤーから長年にわたって採用されてきました。消費電力効率と拡張性に優れたこれらのプロセッサーとディープラーニングCNN技術を統合プログラミング環境に統合することで、ネットワーク接続性を増す世界において、ビッグデータ解析や人工知能 (AI) の大きな潜在力を解き放つことができます。Tesseraと密に協力して、力を合わせることで、インテリジェントデバイスの課題に対処するための総合ソリューションを提供します。」

詳細情報を入手し、FotoNationとベリシリコンのソリューションをCESで早く内覧されたい方は、FotoNationのスイート(Westgate Hotel, North Tower, Floor 23, Suite 121)か、ベリシリコンのスイート(Westgate Hotel, North Tower, Floor 26, Suite 121)にお越しください。

Tessera Holding Corporationについて

Tessera Holding Corporationは、Tessera、DTS<9682>、FotoNation、Invensasの親会社であり、製品/技術ライセンスの世界一流企業です。当社の技術と知的財産は、高級オーディオ、コンピューテーショナルイメージング、コンピュータービジョン、モバイルコンピューティングと通信、メモリー、データストレージ、3D半導体インターコネクト/パッケージングなどの分野で導入されています。ヒューマンコネクト体験を促進・変革するスマートサイト/サウンド(smart sight and sound)技術の発明に取り組んでいます。

詳細情報については、+1 408-321-6000にお問い合わせいただくか、www.tesseraholdingcorporation.comをご覧ください。

Tessera、FotoNation、各社のロゴは、米国とその他の国々におけるTessera Holding Corporationの関連会社の商標ないし登録商標です。その他の社名、ブランド名、製品名は各社の商標ないし登録商標である場合があります。

中国ベリシリコンと次世代画像処理技術を共同開発=米Tessera〔BW〕 【ビジネスワイヤ】イメージング技術の米Tessera Holding  Corporation(NASDAQ:TSRA)は、子会社の米FotoNationが中国の半導体企業ベリシリコン・ホールディングスと次世代画像処理プラットホームを共同開発する契約を締結したと発表した。新プラットホームはIPU2.0と呼ばれる。コンピュータービジョン(CV)、コンピューテーショナルイメージング(CI)、深層学習の分野で統合プログラミング環境と統合イメージング機能を提供し、イメージング機能をリアルタイムで並列実行できるようにする。来年第1・四半期からライセンス提供を開始する。

ベリシリコン・ホールディングスについて

ベリシリコン・ホールディングスはサービスとしてのシリコンプラットフォーム(SiPaaSTM)を手掛ける企業とし て、IPを駆使したプラットフォームベースのカスタムシリコンソリューションと、エンドツーエンドの半導体ターンキーサービスを提供しています。その用途は多様な末端市場に広く及び、モバイルインターネットデバイス、データセンター、モノのインターネット(IoT)、ウエアラブルエレクトロニクス、スマー トホーム、自動車などを含みます。

ベリシリコンのSiPaaSソリューションにより、設計サイクルを短縮し、品質を向上させ、リスクを低減することができます。当社のSiPaaSソリュー ションは幅が広く、柔軟性を持っているため、新興の半導体企業や地位のある半導体企業、相手先商標製品製造企業(OEM)、相手先ブランド設計製造企業 (ODM)、インターネットプラットフォームの大企業など、多様なタイプの顧客にとって魅力的な代替手段となります。

ベリシリコンのシリコンプラットフォームには、ライセンス可能なビバンテのGPUコアとビジョンイメージプロセッサー、ZSP®(デジタルシグナルプロセッサー)ベースのHDオーディオ、マルチバンド/マルチ モード対応ワイヤレス、HD音声プラットフォーム、Hantro HDビデオプラットフォーム、ウエアラブルエレクトロニクスプラットフォーム、IoTプラットフォーム、音声/モーション/タッチインターフェース向けミックスドシグナルNUI(ナチュラルユーザーインターフェース)プラット<6836> フォームなどがあります。ベリシリコンのカスタム・シリコン・ターンキー・サービスは幅が広く、28nmと22nmのような先進的ノードを含む広範なプロ セス技術ノード、FD-SOIやFinFETをターゲットとする自社の技術ソリューションと付加価値ミックスドシグナルIPポートフォリオを組み合わせた 設計サービスを網羅しており、システムオンチップ(SoC)やシステムインパッケージ(SiP)向けの製品エンジニアリングサービスも提供しています。

2001年に創業し、中国・上海に本社を構えるベリシリコンは、600人以上の従業員を擁し、世界で6カ所の研究開発センター(中国・米国・フィンランド)と9カ所の販売拠点を有しています。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月21日(水)19時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。