AIT、ノバテック・エンジニアリングを買収へ

ビジネスワイヤ 2016年12月23日(金)22時18分配信

(ビジネスワイヤ) -- アドバンスト・インテグレーション・テクノロジー(AIT)は本日、ノバテック・エンジニアリング(ノバテック)への投資を発表しました。

ワシントン州リンウッドを拠点とするノバテックは、航空宇宙産業や宇宙打ち上げ産業向けに重要な組み立て自動化、材料操作、摩擦攪拌溶接装置・工作機械の設計・統合を行っています。ノバテックの有能なエンジニアリング・チームと経営幹部はAITファミリーに加わりますが、ノバテックのウィリアム・B(ベニー)・ティール最高経営責任者(CEO)が率いる特徴的なビジネスラインおよびブランドとしての事業は継続します。

AITのエド・チャルーパ会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちの業界では、ノバテックはエンジニアリングの卓越性と優れた顧客サービスの代名詞です。ティール氏とそのチームは、起業家精神と技術革新を完全に体現する文化を確立し、これが常に航空宇宙産業を前進させてきました。海外市場や宇宙打ち上げのような隣接分野でのノバテックの強力な存在感は、私たちの業界で特にユニークです。」

ティールは、次のように述べています。「自動化供給ベースの海外集約が進む中で、航空宇宙分野での自動化の導入が加速しています。この環境でパートナーを獲得し、この規模の技術・エンジニアリングの人材を有するプラットフォームに加われて非常にうれしいです。」

AITのノバテックへの投資は、航空宇宙自動化分野で2番目の取引となります。当社は今月、クーカ・システムズ・エアロスペース・ノースアメリカ(最近再編)をカーブアウト(事業切り離し)取引でクーカ・システムズ・ノースアメリカから買収しました。

本取引の財務条件は公開されていません。

AITについて

AITは自動化・工場統合・工作機械ソリューションを提供する世界最大の企業として、世界の航空宇宙・防衛産業に貢献しています。テキサス州プレイノに本社を置くAITは、航空宇宙構造物の組み立てに使用する自動化工作機械と設備の設計・製造・導入を行っており、ボーイング、エアバス、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、スピリット・エアロシステムズ、トライアンフ、ボンバルディアなど、世界最大で最も進んだ技術を持つ航空宇宙分野のOEMと一次部品サプライヤーにサービスを提供しています。AITは米国、カナダ、スペイン、スウェーデンに施設を有します。

ノバテックについて

ノバテックは48年の歴史を誇り、世界中の航空宇宙産業に製造ソリューションを提供する一流企業として十分に確立されています。ワシントン州リンウッドに本社を置き、サウスカロライナ州、アラバマ州、ドイツ、ブラジル、英国にもオフィスを構えています。すべての大手商業航空機メーカーにサービスを提供しており、防衛作業や宇宙ロケットにも関与しています。

詳細については、www.aint.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月23日(金)22時18分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。