SintaviaがISO 17025認定の取得を発表

ビジネスワイヤ 12月29日(木)03時48分配信

(ビジネスワイヤ) -- 一社完結型の金属積層造形(AM)サービスの世界的リーダー企業であるSintavia, LLCは本日、当社の金属ラボが米国試験所認定協会(A2LA)からISO 17025認定を取得したと発表しました。ISO 17025は校正/試験機関を認定する品質規格として世界最高であると認められているものです。ある機関がISO 17025の認定を受けるためには、そのラボが正確で精密な試験/校正データを一貫して生み出す能力が求められます。

このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。

http://www.businesswire.com/news/home/20161227005041/en/

Sintaviaの社長兼最高執行責任者(COO)を務めるダグ・ヘッジは、次のように述べています。「SintaviaはISO 17025認定を取得した初の一社完結型AM企業として、AM技術の産業への応用においてまたもや最先端の地位に立つことになります。連続生産は連続的な品質にかかっており、今回の成果はAM製造のあらゆる段階で当社が最高水準を真剣に追及していることを示しています。粉体が当社のラボに到着した時から、完成部品を載せた船が出港する時まで、私たちは製品の完全性に対する完全なコントロールを維持しています。それ以下の妥協は何につけ、お客さまのためになりません。」

これまで、ISO 17025認定試験サービスを提供するAM企業は、粉体/材料バリデーションのために独立ラボを頼る必要がありました。品質分析は粉体分析、金属密度試験、品質保証確認のために試料を第三者ラボに送ることで達成されるので、AM製造施設内に認定試験所を持つことは分析の迅速化とプロセスにおける完全なセキュリティーの確保を意味します。

Sintaviaの品質管理者を務めるアレックス・ベンコモは、次のように述べています。「品質改善にとって素晴らしい年でした。AS9100認証とISO 17025試験所認定の両方を単年において取得したことは、大きな成果です。当社は成長を続ける中で、業界最高の品質規格にこだわって、その一貫した採用に真剣な努力を傾けています。」

Sintaviaについて

2012年に設立されたSintaviaは一社完結型の金属積層造形の世界的リーダー企業として、航空宇宙・防衛、石油・天然ガス、自動車、地上発電などの重要産業に貢献しています。精密な後処理装置、機械的検査機器の全装備、完全な金属・粉体研究室に加え、高速プリンターを同じ施設に設置しているSintaviaは、重要産業向け高品質部品を対象にパラメーターの最適化、連続生産、監査を行うことができます。Sintaviaは業界で最高の品質規格に徹底してこだわり、AS9100、ISO17025、ANABの認定を取得しているほか、OASISに登録し、ITARを順守しています。

詳細情報についてhttp://www.sintavia.comはをご覧ください。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20161227005041/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月29日(木)03時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】