クアナジーが世界初の廉価なソリッドステートLiDARセンサーのS3ソリッドステートLiDARを2017年より本格生産

ビジネスワイヤ 01月05日(木)19時53分配信

(ビジネスワイヤ) -- LiDARセンサーとスマートセンサーソリューションを提供する一流企業のクアナジー・システムズは本日、多数の市場を対象とした当社の革命的なS3 LiDARシステムを、2017年より生産・出荷すると発表しました。

S3は、コスト・機能・信頼性で業界を明らかにリードしている、世界初にして唯一の車載グレードのソリッドステートLiDARシステムです。S3の生産と商用提供は、先進運転支援システム(ADAS)と自律走行車(AV)のシステムにおける革新を促進する上で、重要な一歩となります。廉価なLiDARセンサーソリューションを統合できれば、交通事故の80%を回避できる可能性があるからです。またS3 LiDARの商用提供により、産業オートメーション、ロボット工学、ドローン、セキュリティー、スマートホーム、モノのインターネット(IoT)など、多様な分野での応用において、開発を前進させることができます。

クアナジーは最近、多くの企業が切望する2017年CES「最優秀革新賞」を車載インテリジェンス部門で受賞し、独立系工業デザイナー、独立系エンジニア、業界メディア関係者から成る卓越した審査団によって、そのリーダーシップが評価されました。当社は、2016年CESでS3のビジョンを披露しました。そして2016年を通じて、提携と製品開発で力強い進展を遂げました。クアナジーはこの革命的技術を市場に投入するために、陸上交通分野の商用化に関する戦略的提携をセンサータ・テクノロジーズ(NYSE:ST)と、またその他の分野を対象とした製造委託に関する提携をフレックス(NASDAQ:FLEX)と締結しました。

クアナジー最高経営責任者(CEO)のロエ・エルダダ博士は、次のように述べています。「2017年は、LiDARが信頼性に優れた手頃な価格の大衆市場向け製品であることを実証する年になると、確信しています。より低コストで高信頼性のハイエンドセンサーシステムに対する、大きな顧客需要があります。S3はそうした需要に対応し、真のソリッドステート3Dセンサーを手頃な価格で提供できる唯一の製品です。当社はこの技術を遂に市場で提供して、自律運転と機械ビジョンの用途で素晴らしい革新を実現できる独自の立場にあります。」

コンパクトなS3センサーはあらゆる車両の車体に目立たないように搭載できるため、デザイン上の美観や空気力学特性で妥協する必要がありません。信頼できる3Dマッピング、物体検知、追跡、分類をリアルタイムで行えるため、自動運転が実現します。

センサータ・テクノロジーズのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)のSteve Beringhause氏は、次のように述べています。「LiDARシステムのコストが高く信頼性が低いことが、自律走行車の採用を妨げる根本的な障害になっていました。センサータはクアナジーと提携し、次の時代の交通を実現できる画期的な車載グレードの製品を提供することを、誇りに思います。S3システムは車体構造にシームレスに収まるため、コストと信頼性で明らかに業界をリードする製品になると信じています。」

クアナジーは、当社の受賞歴がある3Dスマートセンサーソリューションを、2017年CES展示会で1月5日から8日まで実演します。ラスベガス・コンベンション・センターの北ホールにある当社ブース(4138)までお越しください。

クアナジー・システムズについて

クアナジー・システムズは2012年に設立され、光学、フォトニクス、光エレクトロニクス、ロボット工学、人工知能、機械学習、制御の分野における当社チームの何十年もの経験を基礎としています。シリコンバレーの中心であるカリフォルニア州サニーベールに本社を置くクアナジーは、3D空間データ/物体検知、追跡、分類のための測定・処理向けに、世界有数のLiDARセンサー/ソフトウエアを提供しています。当社のセンサーシステムは、運輸やセキュリティーから産業自動化、3D地上/航空マッピングまでの分野における安全性・効率性・コストを改善します。運輸においては、これらのデータをリアルタイムで活用すれば、車載ドライバー安全システムの正確度と信頼性を大幅に改善し、物体検知、シナリオ分析、意思決定機能で同システムを向上させ、コスト効率に優れ安定した先進運転支援システム(ADAS)や自律走行車(AV)ソリューションを実現することができます。クアナジーのLiDARは、商用化に重要な全項目(価格、性能、信頼性、サイズ、重量、電力効率)において優れる一方、ソリッドステート技術によって耐久性および信頼性という大量展開の要件も満たしています。詳細についてはwww.quanergy.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月05日(木)19時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】