MIPIアライアンスがMIPI I3Cセンサーインターフェース仕様をリリース

ビジネスワイヤ 2017年01月09日(月)23時27分配信

(ビジネスワイヤ) -- モバイル産業/モバイル関連産業向けのインターフェース仕様を策定する国際組織のMIPIアライアンスは本日、スマートフォン、IoTデバイス、車載システムへのセンサー搭載を簡素化するセンサーインターフェース仕様であるMIPI I3CSM(改良型集積回路間通信)をリリースしました。

MIPIアライアンスのJoel Huloux会長は、次のように語っています。「本日のMIPI I3Cリリースは、複数のセンサーインターフェース手法を統一された1つの仕様でまとめているという点で、重要な節目となる成果です。」

MIPI I3Cはセンサー統合の課題に対処

MIPI I3Cは、開発者に設計オプションのより優れた選択肢を提供し、システムレベルの実装コストを削減するとともに、新しいアプリケーションの市場投入期間を短縮することで、モバイル接続製品におけるセンサーの普及を支えます。

MIPI I3Cは、新しい手法でI2C、SPI、UARTを統合・進化させることにより、上記のメリットをもたらします。このソリューションは包括的で拡張性があり、優れた特徴/機能セットを提供する一方で、レガシーデバイスにも対応しています。

MIPI I3Cは、デバイス内のすべてのセンサーをアプリケーションプロセッサーに接続することができるチップ・ツー・チップ・インターフェースの仕様を規定し、2線で標準的なCMOS I/O上に実装されます。この仕様は、最大12.5MHzのクロックレートを達成し、より高性能な高データレートモードのオプションを提供します。I2Cに比較して、1桁以上大きい帯域幅を提供しながら、わずかな電力しか消費しません。

MIPI I3Cにおける業界コラボレーション

MIPIアライアンスセンサーワーキンググループがMIPI I3Cを策定したのは、この仕様によってセンサーエコシステムの企業に恩恵をもたらすためです。参加企業は、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ、アナロジックス・セミコンダクター、ケイデンス・デザイン・システムズ、グーグル、インテル コーポレーション、ノウルズ・エレクトロニクス、ラティスセミコンダクター、メディアテック、NXPセミコンダクターズ、クアルコム・インコーポレーテッド、クイックロジック、ソニー<6758>株式会社、STマイクロエレクトロニクス、シノプシスなどです。

MIPI DevCon 2017に参加を

10月31日に台湾の新竹市で開催されるMIPIアライアンスのMIPI DevCon 2017にご参加ください。詳細情報についてはhttp://bit.ly/2iLVTqqをご覧ください。

詳細については、ホワイトペーパー「MIPI I3C標準化センサーインターフェース入門」(http://bit.ly/2i0nm8T)をダウンロードしてご覧ください。

MIPIアライアンスの詳細については、ツイッターのページをフォローし、リンクトインのグループにご参加ください。MIPIアライアンスに参加するには、「MIPIに参加する」にアクセスしてください。

MIPI®は、MIPIアライアンスが所有する登録商標です。MIPI I3CSMはMIPIアライアンスのサービスマークです。本リリースで引用したその他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月09日(月)23時27分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。