レブロンがグウェン・ステファニーをグローバル・ブランドアンバサダーに起用

ビジネスワイヤ 2017年01月10日(火)00時16分配信

(ビジネスワイヤ) -- レブロンは本日、新グローバル・ブランドアンバサダーとして、歌手で国際的なファッション・アイコンのグウェン・ステファニーをレブロン・ファミリーに迎えることを発表しました。3度のグラミー賞受賞歴のあるシンガー兼ソングライターで、ファッションデザイナーとしても活躍する起業家のグウェン・ステファニーが、トレンドセッターのビューティーブランドであるレブロンの「CHOOSE LOVE」という女性に力を与えるメッセージをフィーチャーした今年スタートするグローバル・キャンペーンの顔を務めます。実生活でもオープンに愛を追求するグウェンは多くの人々にインスピレーションを与える存在であり、スタイルとビューティーの真のインフルエンサーです。また、メイクアップ、そしてこれからは特にレブロンを愛するグウェンは、ソーシャルメディアで1500万人を超える熱狂的なファンとフォロワーを抱えています。

レブロンの社長兼最高経営責任者(CEO)のファビアン・ガルシアは、次のように述べています。「グウェン・ステファニーがグローバル・ブランドアンバサダーとしてレブロンの顔を務めることになり、大変うれしく思います。グウェンは、現代のアイコンです。グラミー賞受賞歴のあるアーティストで、トレンドセッターであると同時に起業家でもあり、愛情深い母親です。このようなさまざまな分野に秀でた多才さは、女性のエンパワーメントという数多くのファンが強く共鳴するグウェンのメッセージを明確に表しています。」

米カリフォルニア州フラートン生まれのグウェンは、幼い頃から音楽に囲まれて育ちました。1986年にノー・ダウトというバンドに参加し、音楽のキャリアをスタートさせたグウェンはその後、マルチ・プラチナ・ヒットを持つソロアーティストとして活躍しており、直近ではヒットチャートで1位に輝いたアルバム「ディス・イズ・ホワット・ザ・トゥルース・フィールズ<2767>ライク<2462>」を2016年にリリースしています。グウェンは、音楽に関する知識、パフォーマンス経験、個性的なスタイルを生かし、3度のエミー賞受賞歴のある米NBCテレビの音楽オーディション番組「ザ・ボイス」で審査員を務めていたことがあり、今年2月から同番組のシーズン12で再び審査員となる予定です。こうした輝かしい音楽キャリアに加えて、グウェンは優れたファッションデザイナーおよび起業家としても広く知られており、非常に人気の高いライフスタイル・ファッションブランドを立ち上げています。十代前半にメイクアップに目覚めて以来、最高のビューティートレンドを試し、見事に自分のものにすることで知られるようになった現在まで、グウェンのメイクに対する強い想いは変わっていません。

グウェンは、次のように述べています。「少女のころから、自己表現のひとつの方法としてメイクアップを使ってきました。私はメイクが大好きで、メイクにより個性と創造力を発揮できることは素晴らしいことです。レブロンのような象徴的なビューティーブランドと手を組むことは、私にとってとても自然なことのように思えます。レブロンのグローバル・ブランドアンバサダーとして、メイクアップに対する私の想いを共有していくことをとても楽しみにしています。」

グローバル・ブランドアンバサダーとしてのグウェンの最初の仕事のひとつは、2017年1月下旬からテレビ放送、デジタルメディア、ソーシャル・プラットフォームでスタートするレブロンの「CHOOSE LOVE」キャンペーンへの出演です。

グウェンは、次のように加えています。「愛は、私が曲を作るときの瞑想の糧となっています。レブロンの『CHOOSE LOVE』というメッセージは重要なメッセージで、レブロンと協力してこのポジティブさと愛のメッセージを伝えていくことをとてもうれしく思います。」

レブロンの新グローバル・ブランドアンバサダーとして、グウェン・ステファニーはデジタル、店舗内、ソーシャルメディアを含むあらゆる種類の媒体を通じたグローバルなマルチメディア・キャンペーンに登場します。グウェンのビューティー・ビジュアルの第一弾が登場するのは1月2日で、グウェンによるキャンペーンは2017年を通じて世界各地で展開されます。

レブロンの詳細および今後展開されるグウェン・ステファニーによるキャンペーンの舞台裏は、www.Revlon.comでご覧ください。また、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブ(いずれも@Revlon)、スナップチャット(RevlonSnaps)でレブロンをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月10日(火)00時16分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。