TCN、日本を拠点とするICXnet Corporationとの独占的販売提携を発表し、アジア太平洋地域における展開規模を拡大

ビジネスワイヤ 2017年01月11日(水)06時00分配信

(ビジネスワイヤ) -- TCN Inc.(世界の企業/コンタクトセンター/BPO/料金回収代行業者向けにクラウド型コンタクトセンターソリューションを提供する一流企業)は本日、日本を拠点とするICXnet Corporationとの独占的な販売提携を発表しました。日本・香港・スイスに営業所を構えるICXnet Corporationは、世界の国際的大企業に高度なIT/電気通信製品を提供しています。本提携の下、ICXnetは日本を拠点とする国内企業および多国籍企業を対象に、TCNのクラウド型コンタクトセンタースイートであるPlatform 3.0の販促と販売を行っていきます。

ICXnet Corporationの河又 朔 社長は、次のように述べています。「TCNは市場で最も先進的なクラウド型コンタクトセンターソリューションとして、コンタクトセンターの通信・業務・管理をシングルビューで実現するソリューションを提供しており、当社はTCNと提携できることに感激しています。TCNは料金回収のための革新的な諸機能、容易な展開力と柔軟性、世界的通信事業者のバンドル化機能、課金機能を備えており、これらが日本における当社のお客さまに大きなメリットになると、当社は確信しています。」

TCN Platform 3.0はコスト効率に優れた先進的なクラウド型コンタクトセンタースイートで、これにより複雑なハードウエアの必要性をなくし、エージェントとお客さまの間の接続性を改善することで、新たな人員を追加せずに効率を高めることができます。両社の提携により、日本を含むアジアにおけるICXnetの広範なネットワークを活用することで、日本で小売り、ITサービス、BPO、料金回収の業界に携わる大企業にTCNの先進的なコンタクトセンターソリューションを届けるための業務を推進できるだけでなく、アジア太平洋地域におけるその他の国々への市場拡大を加速できます。

TCNの共同設立者で最高経営責任者(CEO)のTerrel Birdは、次のように述べています。「クラウド型コンタクトセンターソリューションに対する需要は世界規模で着実に増えており、アジア太平洋地域、特にフィリピン、オーストラリア、ニュージーランドにおける当社事業は過去4年間にわたって堅実に成長しています。当社はICXnetとの提携を大変うれしく思っており、当社最新の多言語対応ソリューションを日本でこれからのお客さまに提供することで、その事業を簡素化し、全体的な生産性と効率性を改善していきたいと思います。」

Markets and Marketsによる調査報告書によれば、クラウド型コンタクトセンター市場は2016年の54億3000万米ドルから2021年までに156億7000万米ドルへ、年平均成長率(CAGR)23.6パーセントで成長すると見積もられています。同報告書は、クラウド型ソリューションやその他の新技術の受容が拡大することで、アジア太平洋地域は予測期間において最も速いペースで成長する見通しであることも示しています。

TCNのアジア太平洋事業担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるLi Tiatiaは、次のように述べています。「多くの日本企業や多国籍企業は、自社のコールセンターシステムを1つのクラウド型プラットフォームに統合したいと考えています。TCNはその目的に理想的なソリューションを提供することで、コンタクトセンターやBPOがIT経費を最小化して、自社事業の成長に傾注できるようにします。」

TCNについて

TCNは世界の企業/コンタクトセンター/BPO/料金回収代行業者向けのクラウド型コンタクトセンターソリューションを提供する一流企業です。1999年に設立されたTCNは、あらゆるコールセンターユーザーのニーズについての深い理解と、非常に求めやすいデリバリーモデルを併せ持っており、充実したコールセンターソリューションを確実・迅速に提供しています。代表的なソリューションとしては、プレディクティブダイヤラー、自動音声応答(IVR)、通話録音、業務を最適化してTCPA規制を順守するために必要なビジネスアナリティクスなどがあります。当社の「常時接続型」のクラウド型デリバリーモデルにより、お客さまは最新バージョンのTCNソリューションを常にご利用いただくとともに、進展を見せるビジネスニーズに応じて迅速・容易に規模を拡大して、そのニーズに対応するための能力を提供します。TCNは種々のフォーチュン500企業や、その他様々な企業にサービスを提供しています。対象業界は多様で、新聞、料金回収、教育、医療、自動車、政治、カスタマーサービス、マーケティングなどがあります。詳細情報についてはhttps://www.tcnp3.comをご覧になるか、ツイッターで@tcnをフォローしてください。

ICXnet Corporationについて

ICXnetは世界中の提携企業が提供する高度な通信情報技術、取得/管理プロセスの中から最善のものを掘り起こし、提供しています。提供に当たっては、お客さまにとって最善の利益となり、コスト効率に優れたものとなるよう、最も革新的かつ創造的な方法を採用しています。お客さまはクラウド型サービスにより、複雑なハードウエア、過剰な資本投資、システムサポートを必要とすることなく、これらと同じビジネスインフラサポートを達成することができます。日本・香港・スイスに自社営業所を構えるICXnetは、その他のアジア、欧州、中東の各国でもサービスを提供し、拠点を整えています。詳細情報についてはhttp://www.icxnet.com/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月11日(水)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。