カードリンクスがカードリンキング・ソフトウエアを公開

ビジネスワイヤ 2017年01月11日(水)10時09分配信

(ビジネスワイヤ) -- カードリンクスアソシエーション(「カードリンクス」)は本日、当アソシエーションの創設会員の1社であるマイクロソフトが開発したオープンソースの新しいカードリンキング・ソフトウエアスイートを公開したことを発表しました。マイクロソフトは同社のEarnカードリンキングプラットフォームのコードベースを、MITライセンスで誰もが無料で利用できる形で公開しました。これにより、他の企業もこのコードを発展させて、カードリンキングの有用性を拡大することができます。このソフトウエアは主な決済ネットワークへのAPIアクセスを実証済みで、本日からカードリンクスのウェブサイト(www.cardlinx.org)からダウンロードすることができます。

カードリンキングにより、消費者はサービスやロイヤルティープログラムと関連付けた決済カードで支払う際に、自動的に割引や特典を受けることができます。大手のカード発行企業、小売企業、メッセージアプリやその他のデジタルパブリッシャーは、モバイルアプリやロイヤルティープログラムを通じ、カードにリンクしたサービスを提供しています。カードリンクスの会員企業には、マイクロソフト、フェイスブック、マスターカード、ディスカバー、ヒルトン、シェブロン、ショップ・ユア・ウェイ、ホールフーズ・マーケット、ファースト・データ、FIS、サムスンカード、楽天<4755>、その他多くの企業があります。

オンライン・ツー・オフライン・コマースとカードリンキングを推進する有力国際団体であるカードリンクスの代表兼最高経営責任者(CEO)を務めるシルビオ・タバレスは、次のように語っています。「マイクロソフトがソフトウエアコードをパブリックドメイン化してくださったことにより、 どの銀行やデジタルパブリッシャーも、カードリンキングプログラムを迅速に開始することができます。カードリンクされたデータにアクセスするためには、ユーザーは依然として決済ネットワークや決済処理会社に直接申し込む必要がありますが、このコードによりプログラムに着手するための素晴らしい方法が実現して、市場投入期間を大幅に短縮することができます。当アソシエーションはマイクロソフトのリーダーシップに常に感銘を受けており、今回の貢献のようなコードリンキングへの真剣な取り組みに感謝しています。」

マイクロソフトのEduardo Indacocheaゼネラルマネジャーは、次のように語っています。「マイクロソフトはカードリンキングを支持しており、今回の貢献は、消費者にも企業にも利益となるよう、この技術の世界的成長をさらに加速するための道筋を整えると考えています。業界の他の企業もこの技術に参加し、この技術の進歩を支援くださるよう、当社は願っています。」

このオープンソースのコードベースは、カードリンキングプログラムの導入に関心のある企業に、最初に参照すべき業界標準を提供する形でそのまま提供されるものであり、各企業はこのコードをさらに発展させて自社の特定用途に供することができます。このオープンソースコードの目的は、カードリンキングへの参入の障壁を軽減し、カードリンキングの採用を推進することにあります。

カードリンキングの業界標準の策定は、オンライン・ツー・オフライン・コマースやカードリンキングに参加するあらゆる業界間の連携推進という、カードリンクスの使命の一環です。最近では、小売り、デジタルパブリッシング、決済、フィンテックの業界におけるカードリンクス会員企業で構成される協業作業グループがハニービー・スタンダード1.0(Honey Bee Standard 1.0)を策定し、カードリンキング・エコシステムの中で消費者と直接やり取りする企業に対し、消費者による同意のモデルを提供しています。このハニービーによる同意は、各企業がそのまま使用することができ、主な決済ネットワークによるカードリンキングの要件を満たしており、消費者にとっても、自分の支払いデータがどう使われ、カードリンクされた特典がどう提供されるのかを理解しやすいものとなっています。カードリンクス会員の利点の詳細については、 http://bit.ly/CLXmembをご覧ください。

カードリンクスアソシエーションについて

非営利団体のカードリンクスアソシエーションの使命は、オンライン・ツー・オフライン・コマースおよびカードリンキングの相互運用性の向上と成長の促進です。当団体は会員企業を代表して、業際的な連携の推進、業界サービスの開発、共通規格の策定を通じ、オンライン・ツー・オフライン・コマースとカードリンキングにおける摩擦の最小化・解消に努めています。カードリンクスアソシエーションの創設会員にはマイクロソフト、マスターカード、ディスカバー、フェイスブック、ファースト・データが含まれ、現在の会員にはシェブロン、ヒルトン、FIS、MUFG、UBS、三井住友<8316>カード、楽天<4755>/イーベイツが含まれます。詳細については、当団体のウェブサイト(www.cardlinx.org)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月11日(水)10時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】