2017年CESがネットワーク接続世界を押し出す

ビジネスワイヤ 2017年01月12日(木)20時51分配信

(ビジネスワイヤ) -- 革新と接続性をテーマとする世界最大の集まりは今年で50周年を迎え、2017年CESが本日、閉幕しました。画期的な製品が発表されたほか、世界の主要な業界すべての企業に商談を行う機会を提供し、幾つかの新記録を打ち立てました。

2017年CESでは、ネットワーク接続された技術の未来の姿を取り上げました。正味260万平方フィートの展示フロアに、3800社を超える企業が出展して、2017年CESは記録破りのイベントとなりました。世界最大の企業のほか、ユーレカ・パーク・マーケットプレイスでは600社を超える新興企業を迎えました。米国以外からの5万5000人を含む17万5000人以上の業界専門家がラスベガスに参集し、発展を続ける世界の技術業界をさらに前進させました。展示会の正式な統計データを示したハイライトビデオは、こちらでご覧いただけます。

コンシューマー技術協会(CTA)の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるゲーリー・シャピロは、次のように述べています。「2017年CESは、世界中の大小の企業が世界で最も困難な問題の多くに対応するためのソリューションを発表するために集まり、新たなレベルへと移行しました。私たちの業界は接続性と革新によって世界をより良くし、まさに日常生活のあらゆる側面に影響を与えています。CESの展示会史上で最も大規模かつ大胆な2017年CESで、今日のネットワーク接続世界を余すところなく紹介できました。」

CTAのCES/コーポレート事業戦略担当シニアバイスプレジデントを務めるカレン・チュプカは、次のように語っています。「新興企業から定評のある企業、そして従来の技術企業が、旅行やスポーツといった新たな業界の企業と共に、50周年を迎えるCESに集い、徹底的に技術に向き合いました。今年の展示会は、発表される技術と、展示会における対面での貴重な商談の両方で、接続性にスポットを当てました。」

スターズのジョン・ペニー最高戦略責任者(CSO)は、次のように述べています。「CESは世界で最も重要な技術展示会ですが、今ではそれ以上のものへと変わっています。世界で最も優れたイノベーター、企業、技術、製品、起業家が一堂に会するCESは、世界的な革新システムに欠くことのできない要素になりました。CESとその参加者は、すべての人々のためにより良い未来の構築に努力しています。」

インテルのIoT担当マネジングディレクターを務めるブリジット・カーリン氏は、次のように述べています。「2017年CESは、私たちが革新の新時代を迎えていることを証明する世界的な展示会でした。つまり、技術の評価に関して、単にそれが生み出すデバイスだけでなく、それによって可能になる体験ゆえに技術が評価される新時代を示したのです。」

2017年CESでは、あらゆる場所で接続性のテーマが取り上げられました。自動運転車やスマートシティーから、デジタルヘルス、5Gまで、ほとんどすべての製品カテゴリーが実現したほか、CESのカンファレンストラックでも大々的に取り上げました。5Gはネットワーク接続世界に革命を引き起こすことになりますが、2017年CESではコネクテッドエコシステム全体が一堂に会しました。

クアルコム・ライフのバイスプレジデント兼最高医務責任者のジム・モールト医師は、次のように述べています。「2017年CESは、5Gの未来をお披露目する場となりました。私たちは5Gが正味2000万人の新規雇用を創出すると推測しています。」

2017年CESは、世界各地から政府関係者を迎えました。米国政府からは、米国連邦取引委員会の3人、米国連邦通信委員会の3人、米国運輸省のアンソニー・フォックス長官、ディーン・ヘラー上院議員、米国下院議員7人が参加しました。その他のトップレベルの米国政府関係者に、連邦航空局、エネルギー省、国土安全保障省、国際貿易委員会、米国特許商標庁の代表者が含まれます。

展示会に出席した著名な世界的政治リーダーには、オランダ王子のコンスタンティン殿下、フランス大統領候補のフランソワ・フィヨン氏、フランス経済・財務大臣付デジタル・イノベーション<3970>担当大臣のアクセル・ルメール氏、オランダ経済相のヘンク・カンプ氏、メキシコ・ハリスコ州政府の革新・科学・技術長官のJaime Reyes Robles氏、ナイジェリア通信相のアデバヨ・シトゥ氏、カナダ革新・科学・経済開発相のナブディープ・ベインズ氏、カナダ・オンタリオ州政府の経済開発・成長省大臣のブラッド・デュグイッド氏、英国政府文化・メディア・スポーツ省のデジタル/文化担当閣外大臣のマット・ハンコック氏が含まれます。

サムスン電子の公共政策担当シニアバイスプレジデントのジョン・ゴッドフリー氏は、次のように語っています。「公務員はCESで私たちの業界について学ぶことができます。今年の展示会に、多数の重要な政府関係者が参加したのは、素晴らしいことです。」

CESは、150カ国以上からの来場者と、100カ国以上の公式代表団が参加する革新の国際舞台です。

MiTek Corp.とAtlasIED8のジョン・アイビー<4918>社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「CESは、この場所だけで当社の海外パートナー企業すべてと会うことができる唯一の展示会です。参加を呼び掛けると、すべてが参加してくれるイベントはここだけです。」

2017年CESには、ハリウッド、スポーツ、eスポーツ、音楽からラスベガスまで、世界中の有名人が最新技術を体験するために集まりました。CES大使のアイシャ・タイラー氏、メジャーリーグベースボールのオールスターゲームに選出されたブライス・ハーパー氏、NBAバスケットボール殿堂入りのシャキール・オニール氏、オリンピックメダリストのマイケル・フェルプス氏、女優のオクタヴィア・スペンサー氏など、多数の有名人が展示会に参加しました。2017年CESに出席した有名人一覧をご覧ください。

報道関係者が6500人以上参加した2017年CESは、世界中で報道されました。また当展示会は、#CES2017のハッシュタグで約140万回もメンションされるなど、ソーシャルメディアでも見事に盛り上がりました。

2017年CESは、エンガジェットが運営するCES最優秀賞や、リビング・イン・デジタル・タイムズが運営するモバイル・アプリ・ショーダウンなど、コンテストも主催ました。また、リチャード・ブランソン氏のエクトリーム・テック・チャレンジ(XTC)の準決勝戦が再びCESで開催され、参加者はブランソン氏のネッカー島で行われる決勝戦に参加するチャンスを巡って競いました。コンテストの優勝者はすべて、こちらでご覧いただけます。

第3回目を迎える年次CESアジアを、中国・上海で2017年6月7〜9日に開催し、世界的なブランドや有望な新興企業による最新のアイデアと革新成果を紹介します。出展に関心がある企業は、詳細情報をCESAsia.comでご覧ください。

CTAは晩春に行われる独立監査の後、2017年CESの最終的な来場者数を発表します。CESは再び、2018年1月9(火)〜12日(金)にラスベガスで開催します。

編集者への注記:この世界的技術イベントの正式名称は「CES®」です。このイベントについて言及する際には、「Consumer Electronics Show(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」または「International CES(インターナショナルCES)」という表記を使用しないでください。

CESの高精細ビデオのBロールをCESbroll.comで容易にダウンロードできます。

CESについて:

CESは、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業のための集まりです。50年にわたって、次世代の革新が市場に紹介される国際舞台となり、イノベーターや画期的な技術がその力量を試すことができる場としての役割を果たしてきました。CESはこの種のものとして最大の実践的なイベントで、業界のあらゆる側面を取り上げています。コンシューマー技術協会(CTA)が所有・運営するこのイベントには、世界中のビジネスリーダーや先駆的企業が参加しています。CESのビデオハイライトをご覧ください。CESをオンラインのCES.techおよびソーシャルメディアでフォローしてください。

     

今後のイベント

 

• ウィンター・ブレイク

デジタル・ペイトリオッツ・ディナー

3月 9〜12日、コロラド州スノーマス 4月4日、ナショナル・ポートレート・ギャラリー、ワシントンDC
 

• CESオン・ザ・ヒル

イノベート! &セレブレート

4月5日、ワシントンDC 10月9〜11日、米カリフォルニア州サンフランシスコ
 

• 2017年CESアジア

• 2018年CES

6月7〜9日、中国・上海 1月9〜12日、ネバダ州ラスベガス
 

• CEOサミット

6月 21〜24日、イタリア・アマルフィ海岸
 

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月12日(木)20時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。