アクセレライトが企業のハイブリッドクラウド導入による価値創出までの期間をRoviusクラウドで短縮

ビジネスワイヤ 2017年10月12日(木)09時20分配信

(ビジネスワイヤ) -- デジタル変革インフラ向けにソフトウエアを提供するアクセレライトは本日、Roviusクラウドの一般提供を開始したと発表しました。この企業向けハイブリッドクラウド・プラットフォームにより、オンプレミスとパブリッククラウドで、計算資源、ストレージ資源、ネットワーキング資源の導入・監視・管理を大幅に簡易化できます。Roviusクラウドは、オンプレミスの資源をAWS、グーグル・クラウド・プラットフォーム、マイクロソフト・アジュールなどを含むパブリッククラウドと連動させます。これにより、価値創出までの期間を数週間から数時間へと短縮し、コストを最大50%削減できます。

オーバムの主任アナリストであるロイ・イルスリー氏は、次のように述べています。「ハイブリッドクラウドの導入で約束されている生産性の向上や経済性は、現在提供されている多数のソリューションセットの場合、導入・管理が複雑なため、そうしたメリットが相殺されています。Roviusクラウドのようなソリューションは、プライベート/パブリック・クラウドのプロビジョニング、監視、管理を統合し、ユーザーが自身のサーバー、ストレージ、ネットワーキング、ハイパーバイザーのソリューションを選べるようにするため、成功を阻む多数の障害を排除できます。」

Roviusクラウドは、コモディティーハードウエア、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)、そして従来のブレードサーバーに導入できます。Roviusクラウドはハイブリッドクラウドの導入に対して、現在のオープンソース、HCI、仮想化ベンダー重視とは異なるアプローチを採っているため、サーバー、ストレージ(SDS、NAS、SAN、All)、ハイパーバイザー(ヴイエムウェア、ハイパー<3054>V、KVM、XenServer)の制約を受けません。プラットフォームの中核となるOpsマネジャー(オンプレミスとクラウドベースのいずれの導入形態でも利用可能)が、リソース発見、統合型インフラ詳細監視、ログ分析、性能監視、容量プランニングの機能を提供します。さらにリモートデバッギングとインスタントレゾリューションが、IT管理とシステム管理者に安定性と効率をもたらしています。

実証済みの技術基盤に基づいたフルスタックのアプローチ

Roviusクラウドは完全統合型のハイブリッドクラウド・スタックで、アクセレライト・クラウドプラットフォームを基盤としています。このクラウドプラットフォームは現在世界中の何百社もの企業によって利用されており、クラウド資源オーケストレーターを計算、ストレージ、ネットワークの強力なマネジャーと組み合わせています。

マネージドサービスの導入オプション

Roviusクラウドは、ハイブリッドクラウドのマネージドサービスを提供するための理想的なプラットフォームです。オンプレミスまたはサードパーティーのデータセンターの、いすれでも導入できます。マネージドサービスプロバイダーやその他のチャンネルパートナーは、Opsマネジャーを設定済みサービスとして提供できるので、新たな収入源を創出し、顧客を確実に満足させることができます。

アクセレライトのクラウドサービスおよびプラットフォーム担当ゼネラルマネジャーのRajesh Ramchandaniは、次のように述べています。「企業が大規模なハイブリッドクラウドの導入と管理で大変苦労していたため、その問題に対応するためにRoviusクラウドを特別に開発しました。既存のアプローチは能力が限られていたほか、実装のための要件が融通性に欠けていました。Roviusクラウドなら、ユーザーは必要としている拡張性、監視、管理の機能に加え、これまでなかった柔軟性と簡素性も手に入れることができます。IT部門、エンドユーザー、クラウドプロバイダーにとって明らかに大きなメリットです。」

AWS向けRoviusクラウドは直ちに提供を開始します。グーグル・クラウド・プラットフォームとマイクロソフト・アジュール向けのRoviusクラウドは、今年の第4四半期に提供します。

詳しい情報については、Roviusのリリースに関するブログをご覧ください:https://accelerite.com/blogs/introducing-rovius-cloud-the-hybrid-cloud-platform-for-enterprises

アクセレライトについて

アクセレライトはシリコンバレーに本拠を構え、セキュリティーに優れた業務上不可欠なインフラストラクチャーソフトウエアをグローバル1000企業に提供しています。アクセレライトの製品スイートには、ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャー、エンドポイントセキュリティー、ビッグデータ分析、モノのインターネットなどが含まれます。詳細情報はアクセレライトのウェブサイトをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)09時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。