アシュラントとザ・ワランティ・グループが取引構造を修正

ビジネスワイヤ 2018年01月12日(金)21時58分配信

(ビジネスワイヤ) -- リスク管理ソリューションを世界的に提供するアシュラント(NYSE:AIZ)と、TPGキャピタルの投資先企業で保証プランおよび関連プログラムを世界的に提供するザ・ワランティ・グループは本日、2017年10月18日に発表した25億ドルの取引の構造を修正したと共同で発表しました。 修正後の取引条件の下、アシュラントはTWGホールディングス・リミテッドとその子会社を買収し、デラウエア州登記の会社にとどまります。この見直しは、最近制定された米国の税法を踏まえたもので、これによりアシュラントは全体的な取引構造を簡素化し、取引の資金構成を最適化することができます。本取引は、規制およびその他の慣例的完了条件を満たすことを前提として、2018年第2四半期に完了する予定です。

本取引の株主価値は19億ドル、ザ・ワランティ・グループの既存の債務を含む企業価値は25億ドルで変わりません。引き続き、本買収はランレートで2018年のアシュラントの1株当たり営業利益に小幅に貢献し、取引に関連した無形資産の償却費を除くと大幅に貢献すると予想されます。これは、米国税制改正法制定による正味のプラス影響を反映して上昇しているアシュラント単独の基調的な予想1株当たり利益に基づいて算定されています。アシュラントの株式は、引き続きニューヨーク証券取引所においてティッカーシンボル「AIZ」で取引されます。

取引構造の修正点は以下の通りです:

  • TPGキャピタルとその関連会社は、アシュラントの株式1040万株を受け取ります。これは、現在のアシュラントの発行済み株式数のおよそ19.8パーセントに相当し、以前発表された1600万株から減少することになります。
  • 受領するアシュラント株が減少する見返りとして、TPGキャピタルと関連会社が受け取る現金が昨日の終値に基づくと取引カラー調整考慮後でおよそ8億6000万ドルに増加します。
  • アシュラントは、新たな取引構造を反映して、15億ドル(10億ドルから増加)のブリッジ融資の確約書を新たに締結しました。現時点ではアシュラントは、市場環境次第でこのブリッジ融資を負債と自己資本により置き換える予定です。
  • 本取引は、米国あるいはその他の法域のアシュラント株主にとって課税対象ではなくなります。
  • 取引完了後のアシュラントの取締役会は、TPGキャピタルの2名を含め、14名の取締役で構成されます。

アシュラントのアラン・コルバーグ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「取引構造の簡素化により、株主、お客さま、従業員のための価値が一段と増加するとともに、当社の世界的な事業が税制改革により享受するメリットを明確化することができます。重要な点は、本買収が車両保証サービスのリーダー企業としての当社の位置づけを強化すると同時に、その他の世界のライフスタイル市場における事業規模の拡大につながる説得力のある戦略的な取引であることに変わりはないということです。」

戦略的根拠および発表済みのその他の主要事項に変更はありません。

  • アシュラントとザ・ワランティ・グループの統合により、魅力のある製品と顧客ポートフォリオ、多角的な成長特性、厚みのある世界的事業基盤を有するアシュラントの世界のライフスタイル市場における戦略が大幅に前進します。
  • アシュラントは、世界の事業の最適化により、2019年末までに税引前ベースで6000万ドルの事業シナジーを創出できると予想しています。
  • 合併会社は、アシュラントの現経営陣が統括します。

電話会議とウェブキャストの詳細

アシュラントは本日、米国東部時間午前8時30分 より電話会議とウェブキャストを開催し、本取引について説明します。生中継のウェブキャストと投資家向けプレゼンテーションは、アシュラントのウェブサイト(assurant.com)の「Investor Relations(投資家向け広報)」にてご覧いただけます。また、ライブ中継を聴取できない場合には、電話会議終了直後から録画をご覧いただくことができます。

顧問

アシュラントの財務顧問はモルガン・スタンレー<6923>が務め、ウィルキー・ファー・アンド・ギャラガーが法律顧問を務めます。

ザ・ワランティ・グループの財務顧問はUBSインベストメント・バンクが務め、スキャデン・アープス・スレート・マー・アンド・フロムが法律顧問を務めます。

アシュラントについて

アシュラント(NYSE:AIZ)は、リスク管理ソリューションの世界的リーダーであり、住宅と購入商品を保護しています。数百万人もの消費者が、アシュラントの革新的商品、サービス、サポートを信頼し、住宅、車、家電製品、モバイル機器、葬儀などの大きな購買を行っています。アシュラントは、このような購入品を製造、販売、あるいは資金援助する主要企業と提携し、その顧客を大切に扱い、その事業を成長させています。フォーチュン500社に含まれるアシュラントは、世界16カ国で事業を展開しています。2017年9月30日現在、当社の資産は320億ドル、年間売上高は60億ドルでした。詳細は、assurant.comをご覧いただくか、ツイッター(@AssurantNews)で当社をフォローしてください。

ザ・ワランティ・グループについて

50年以上にわたる業界リーダーとして、ザ・ワランティ・グループは、保証ソリューションと関連メリットを提供する世界有数のグローバル企業の1つであり、世界35カ国以上で事業を運営し、1600人以上の従業員を擁しています。ザ・ワランティ・グループは、自動車、住宅、家電製品、エレクトロニクス製品、家具などの消費財の世界有数のメーカー、販売業者、小売業者に、引受業務、請求管理、マーケティングの専門知識と、金融機関向け専門保険商品とサービスを提供する単一ソースのソリューションです。詳細については、www.thewarrantygroup.comをご覧ください。

TPGについて

TPGは1992年に設立された世界有数のオルタナティブ資産運用会社であり、運用資産は730億ドルを超え、オースティン、北京、ボストン、ダラス、フォートワース、香港、ヒューストン、ロンドン、ルクセンブルク、メルボルン、モスクワ、ムンバイ、ニューヨーク、サンフランシスコ、ソウル、シンガポールにオフィスを構えています。TPGの投資プラットフォームは、プライベート・エクイティ、成長ベンチャー、不動産、クレジット、公開会社など幅広い資産クラスにわたります。TPGは投資家のためにダイナミックな商品と選択肢の構築を目指し、また、投資戦略とポートフォリオのパフォーマンス全体で、規律ある卓越した業務運営を確立しています。詳細は、www.tpg.comをご覧ください。

将来予想に関する記述についての注意事項

本プレスリリースに記載されている記述、特に提案中の取引、事業シナジーを含むこの取引による利益と相乗効果、合併会社の将来の機会に関する記述、ならびに、資金計画、合併会社の将来の業績、財政状況および業務、最近制定された米国の税制改正法による影響、予想される事業レベルと商品・サービス提供、予定された活動、予想される成長、市場でのプレゼンスと機会、戦略、競争、および将来期間のその他の予想、目標および財務指標に関する記述は、1995年米国証券民事訴訟改革法の意味における将来予想に関する記述に当たる可能性があります。将来予想に関する記述は、経営陣の最良の見積、想定、予測に基づいており、大きな不確実性を伴います。実際の結果は、将来予想に関する記述で予測されたものと大きく異なる可能性があります。アシュラントならびにザ・ワランティ・グループはいずれも、新たな情報や新たな出来事あるいは展開が発生した場合でも、本プレスリリースの将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。アシュラントの業績に影響を及ぼす可能性がある一般的なリスク要因の詳細については、アシュラントが米国証券取引委員会(SEC)に提出した年次および定期報告書に記載されているリスク要因を参照してください。これらの報告書はhttp://www.sec.govで入手できます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

ビジネスワイヤ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)21時58分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。