スズキ、東京オートサロン2017にMotoGP仕様の「スイフト」など全10台を出品

Car Watch 01月06日(金)12時42分配信
2017年1月6日 発表

スイフト レーサー RS

 スズキ<7269>は1月6日、「東京オートサロン2017」(会期:1月13日~15日)の出展概要を発表した。会場には参考出品車を含む全10台を展示。参考出品車は「スイフト レーサー RS」「イグニス<3689> モトクロッサー スタイル」「スペーシア カスタムZ プレミアム」の3台となる。

「スイフト レーサー RS」は「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」に参戦する「チームスズキ エクスター(Team SUZUKI ECSTAR)」のカラーリングを施したトリトンブルーの車体に、レカロシートや17インチアルミホイール等を装備したモデル。

イグニス<3689> モトクロッサー スタイル

イグニス<3689> モトクロッサー スタイル」はイグニス<3689>のコンセプトであるコンパクトクロスオーバースタイルに、オフロードレースの世界観を加えたモデル。2輪のモトクロスをイメージしたチャンピオンイエローの車体色にボディデカールを施し、オフロードタイヤを履くことでアクティブな印象を強調した。

スペーシア カスタムZ プレミアム

「スペーシア カスタムZ プレミアム」は2016年12月に発売されたばかりの「スペーシア カスタムZ」をベースに、全体をブラックでまとめることで迫力を強調。ボディカラーには大粒径メタリックフレークを採用したほか、16インチアルミホイールを装着。また、ルーフやシート表皮にはホワイトのクロコダイル柄のレザーを施すなど、新しいカスタムモデルを提案する仕様としている。

Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月06日(金)12時42分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】