【CES 2017】ホンダの自立するバイク「Honda Riding Assist」を動画で紹介 ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立する2輪車

Car Watch 01月07日(土)11時18分配信
2017年1月5日(現地時間) 発表

ホンダ<7267>、ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立する2輪車の実験車「Honda Riding Assist」を世界初公開

 本田技研工業<7267>は、米ラスベガスで開催の「CES2017」において、ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立する2輪車の実験車「Honda Riding Assist」のデモンストレーションを公開している。

ホンダ<7267>が世界初公開した、ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立する2輪車「Honda Riding Assist」

 Honda Riding Assistは、ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったホンダ<7267>独自のバランス制御技術を2輪車に応用。ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減するという。一方で、通常の走行時には、既存の2輪車と同等の操縦性を実現。ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにする提案。

 デモンストレーションでは、車両単独で自立して移動するようすを示すとともに、ライダーが乗車してもバランスをとり続けているようすを示した。Honda Riding Assistでは、フロント部分を制御するモーターを搭載しており、デモを見るとステアリングを細かく制御してバランスをとっていることが分かる。

Honda Riding Assist
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月07日(土)11時18分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】