ヤナセ、1月7日15時にオープンした「フォルクスワーゲン 新宿」開所式

Car Watch 01月07日(土)17時28分配信
2017年1月7日15時 オープン

1月7日15時にオープンした「フォルクスワーゲン 新宿」。フォルクスワーゲンが全世界で展開するコーポレートデザイン「モジュラーコンセプト」に基づき、外観はホワイトフレームで囲われるデザイン

 ヤナセのグループ会社であるヤナセ ヴィークル ワールドは、「フォルクスワーゲン 新宿」(東京都新宿区中落合)をリニューアルして1月7日15時にオープンした。

「フォルクスワーゲン 新宿」は、山手通り(内回り)と目白通りが交わる「南長崎1丁目」交差点近くに位置し、首都高速中央環状線「西池袋出入口」と西武池袋線「椎名町駅」から南へ約500m、JR山手線「目白駅」から約1.2kmというアクセスしやすい立地にあるのが特徴。

 フォルクスワーゲンが全世界で展開するコーポレートデザイン「モジュラーコンセプト」に基づいた建物では、1階に6台が展示可能なショールームと整備車両受付専用ベイを備えたサービスレセプションを配置。また、2階には6ベイ+検査ラインを備え、総勢20名のスタッフが来店者に対応する。

 なお、ヤナセ ヴィークル ワールドは「フォルクスワーゲン 東京世田谷」(東京都世田谷区若林)、「フォルクスワーゲン 東京深川」(東京都江東区千石)の2店舗についても同日営業を開始している。

リニューアルオープンを記念して、店舗内を植物でアート。プラントハンターの西畠清順氏(左。右は支店長の佐々木宏氏)が手掛けた植物アートは、1月31日まで見ることができる
キッズルームも用意されているので、家族で来場しても安心して子供を遊ばせることができる
2階は6ベイ+検査ラインで構成。アライメント調整が行なえるほか、フロントバンパーを外した際に発生するレーザーレーダーの調整作業もできるという
作業場には訓示も
フォルクスワーゲン 新宿 店舗概要

所在地:東京都新宿区中落合2-27-14
TEL:03-3565-5777
営業時間:9時30分~19時(日曜日と祭日は9時30分~18時)
定休日:月曜日、年末年始

ゴルフの回復なしにフォルクスワーゲンビジネスの回復はない

株式会社ヤナセ 代表取締役社長 井出健義氏

 オープニングに先立ち、1月7日にフォルクスワーゲン 新宿の開所式が開催され、ヤナセ 代表取締役社長執行役員の井出健義氏やフォルクスワーゲン グループ ジャパン 常務執行役員のトーマス・ジーベルト氏らが挨拶を行なった。

 井出社長はフォルクスワーゲン 新宿の立地について触れ、「新宿区、中野区、文京区、豊島区が販売責任テリトリーになる。総人口は100万人を超え、これに加えて近隣の練馬区からもお客様が来られると思うので、都内でも有望な場所ではないかと思っている。とくに目白、文京、落合という古くからの高級住宅街がこのなかに含まれており、そこからの来店を期待するとともに、(同じく1月7日から営業を開始した)『フォルクスワーゲン 東京世田谷』と協力し合いながら発展していきたいと考えている」とコメント。

 また、昨今のフォルクスワーゲンのディーゼル問題に関しても触れ、「少しフランクになるかもしれないが、正直(フォルクスワーゲン車の販売で)苦戦している。ドイツのプレミアム3社が小型車攻勢をかけてきているなかで、一昨年にディーゼル車で不祥事が発生した。それ以来、なかなか販売で苦戦しているが、日本には“腐っても鯛”ということわざがある。フォルクスワーゲンはドイツ人の魂と技術が入った塊だと思う。今は苦しいが、必ずや回復する、蘇るという思いを持って、ヤナセとしては大いにフォルクスワーゲンに賭けたい」と思いを語った。

 加えて「『フォルクスワーゲン 東京世田谷』と同時に営業を開始した『フォルクスワーゲン 東京深川』、そして『フォルクスワーゲン 新宿』と、それなりの投資に踏み切ったが、この先新型ティグアンが登場するし、今年に主力のゴルフがビッグマイナーチェンジがあると聞いている。私は世界のなかで小型車のベンチマークとなっているゴルフの回復なしにフォルクスワーゲンビジネスの回復はないと思っている。そういう意味で今年のビッグマイナーチェンジでいよいよ反転攻勢の準備が整うのかなと、身が震える思い。一度毀損したブランド価値を回復させるのはそう簡単ではない。大変な労力を要すると思うが、フォルクスワーゲンには底力があり、技術がある。乗ってみてフォルクスワーゲンのよさが分かると思う。そういう意味で、地道に最上のサービスをお客様に提供していけば必ず回復すると信じている。『フォルクスワーゲン 東京世田谷』『フォルクスワーゲン 東京深川』『フォルクスワーゲン 新宿』のオープンを契機にしてフォルクスワーゲンビジネスを盛り上げようと思うので引き続きご支援をよろしくお願いします」と述べている。

 フォルクスワーゲン グループ ジャパン 常務執行役員のトーマス・ジーベルト氏は、「本日の新店を含め、ヤナセ ヴィークル ワールド様は年間1000台を超える販売規模となり、全国で10本の指に入ることになる。弊社としても大きなビジネスパートナー。当然ながら、フォルクスワーゲン グループ ジャパンとしても引き続き支援させていただきますし、ますますパートナーシップを強めていきたいと思う」とコメントした。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 常務執行役員のトーマス・ジーベルト氏
フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社 代表取締役社長の横瀬正幸氏
ヤナセ ヴィークル ワールド株式会社 代表取締役会長の吉川俊二氏
ヤナセ ヴィークル ワールド株式会社 フォルクスワーゲン 新宿の支店長を務める佐々木宏氏
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月07日(土)17時28分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】