ブリヂストン、“低燃費性能と高ライフの両立”“ウェット性能が長持ち”の新タイヤ「ECOPIA NH100シリーズ」発表会

Car Watch 01月10日(火)21時54分配信
2017年1月10日 発表

1万3608円~3万5208円(ECOPIA NH100)

1万6200円~3万4884円(ECOPIA NH100 RV)

8316円~2万1600円(ECOPIA NH100 C)

「ECOPIA NH100シリーズ」の発表会に出席したブリヂストンタイヤジャパン株式会社 執行役員 消費財タイヤ事業統括本部長の檜垣徹氏(左)、女優の綾瀬はるかさん(中)、ブリヂストンタイヤジャパン株式会社 タイヤ開発第3本部長の草野亜希夫氏(右)

 ブリヂストン<5108>は、低燃費タイヤ「ECOPIA(エコピア)」ブランドの新製品「ECOPIA NH100シリーズ」を2月から順次発売する。発売サイズは、セダン・クーペ専用の「ECOPIA NH100」が21サイズ、ミニバン専用の「ECOPIA NH100 RV」が19サイズ、軽・コンパクトカー専用の「ECOPIA NH100 C」が27サイズ。価格は「ECOPIA NH100」が1万3608円~3万5208円、「ECOPIA NH100 RV」が1万6200円~3万4884円、「ECOPIA NH100 C」が8316円~2万1600円。

 今回発表されたECOPIA NH100シリーズは、独自の「ナノプロ・テック」技術や2種類のポリマーを組み合わせた「エコ効きもちゴム」を新採用し、相反する性能であるウェット性能・ライフ性能と低燃費性能の両立化を目指した。また、耐摩耗最適化形状と独自技術「ULTIMAT EYE」の活用に加え、路面と接するトレッドゴムの剛性を高める「剛性コントロールシート」を採用することで、高い耐摩耗性能を実現。セダン・クーペ、ミニバン、軽・コンパクトという車種ごとに専用設計し、それぞれの車種で発生しやすい偏摩耗を抑制することでタイヤが長持ちすることを目指している。

 1月10日、ECOPIA NH100シリーズの発表会を都内で開催。ブリヂストンタイヤジャパン 執行役員 消費財タイヤ事業統括本部長の檜垣徹氏、ブリヂストンタイヤジャパン タイヤ開発第3本部長の草野亜希夫氏が登壇してECOPIA NH100シリーズの概要を説明するとともに、女優の綾瀬はるかさんと実演販売士のナックル井上さんによるトークショー&店頭商談実演が行なわれた。

ECOPIA NH100シリーズ
セダン・クーペ専用の「ECOPIA NH100」
ミニバン専用の「ECOPIA NH100 RV」は、サイドウォールに「For MINIVAN」の文字が入る
軽・コンパクトカー専用の「ECOPIA NH100 C」は、サイドウォールに「For COMPACT CAR」の文字が入る
発表会の後半は、女優の綾瀬はるかさんと実演販売士のナックル井上さんによるトークショー&店頭商談実演。同社は補修用タイヤを選ぶとき、新車装着タイヤの性能を基準にすることを「ちゃんと買い」というキャッチフレーズでアピールしており、綾瀬さんも「ちゃんと買い」をアピール

「New Harmony」の頭文字を取った新タイヤ登場

ブリヂストン<5108>2017年夏タイヤのラインアップ
ブリヂストンタイヤジャパン株式会社 執行役員 消費財タイヤ事業統括本部長の檜垣徹氏

 発表会の冒頭に登壇したブリヂストンタイヤジャパン 執行役員 消費財タイヤ事業統括本部長の檜垣徹氏は、2017年の夏タイヤ販売戦略について紹介。檜垣氏はまずタイヤの選び方について触れ、「タイヤを交換しなければならないとき、皆様はどのようにタイヤを選ばれるでしょうか。インターネットを見ても、タイヤ販売店に行ってみても、実にたくさんの種類のタイヤが並んでいる。そして残念ながらというか、“タイヤは黒くて丸いゴムのかたまり”で、見た目にほとんど同じに見えてしまう。しかし、タイヤにはそれぞれにさまざまな性能があり、もし選び方を間違うと思わぬデメリットが生じてしまう。では、何を基準にタイヤを選べばよいか。クルマの性能とは、車両そのままの性能と路面と接するタイヤの性能との組み合わせでできていると考えられる。つまり、クルマ本来の性能を発揮するにはもともとクルマについていたタイヤ、すなわち新車装着タイヤの性能を基準に選ぶことが私たちは大切だと思っている」とコメント。

 この新車装着タイヤを基準にタイヤを選ぶことを、同社は「ちゃんと買い」というキャッチフレーズでアピールしており、檜垣氏は「もし新車装着タイヤより性能の低いタイヤを選ぶと、クルマ本来の性能を発揮できなくなってしまう。当社では補修用タイヤを7つの性能(直進安定性、ドライ性能、ウェット性能、低燃費性能、ライフ性能、静粛性、乗り心地)をベースに『高・中級品』と『それ以外』で区分している。補修用タイヤの市場調査を行なったところ、新車装着タイヤはそのほとんどで『高・中級品』が装着されている一方で、補修用タイヤでは約4割程度しか選ばれていない。逆に言うと、約6割のお客様が新車装着タイヤより性能の低いタイヤを選んでいる可能性がある。いま付いているタイヤの性能、どのような位置づけなのかを理解しないままタイヤを選ぶと、思わぬ不利益をこうむってしまうことになるかもしれない。新車装着タイヤが当社の製品だった場合、補修用タイヤも同等レベルとなる『ECOPIA』以上をお選びいただくことで、クルマ本来の性能を発揮することが可能。さらに当社では、より乗り心地に特化した『REGNO(レグノ)』、疲れにくい『Playz(プレイズ)』など、さまざまなお客様のご要望にお応えするべく、性能に特徴を持たせたタイヤを用意している」と、同社がラインアップするタイヤなどについて紹介。

 そして新たにラインアップに追加されたECOPIA NH100シリーズについては、「近年はタイヤに対し、さまざまな性能を向上しつつ、高い低燃費性能が求められるようになってきている。補修用タイヤについても新車装着タイヤのトレンドを踏まえて開発しなければならない。とくに低燃費性能は、今回発売するECOPIA NH100シリーズでも従来品に比べ大きく向上させた。NH100はECOPIAシリーズの第3世代の商品になり、NHとは『New Harmony』の頭文字を取ったもので、新たなレベルで高い調和が取れた性能であることを意味している」と説明するとともに、「すり減ると性能が低下するというタイヤの宿命に対して、真っ向から向き合った。ECOPIA NH100シリーズは『安全性能が長持ちしてほしい』というお客様のニーズにお応えするべく誕生した」とし、ECOPIA NH100と同社のベーシックタイヤ「NEXTRY(ネクストリ―)」を装着した車両を用いたウェット路面での制動距離比較の結果を公開。新品時でのテスト、2万km走行したあとのタイヤでのテストのいずれもNEXTRYより手前で止まれたことを示し、「新品時だけでなく、すり減っても雨の日の性能低下を抑制することでより安心して最後までお使いいただけることが可能になった」とアピールした。

新車装着タイヤを基準にタイヤを選ぶことを、同社は「ちゃんと買い」というキャッチフレーズでアピール
約6割のユーザーが新車装着タイヤより性能の低いタイヤを選んでいる可能性があるとの調査結果
ブリヂストン<5108>の夏タイヤラインアップ
ECOPIA NH100シリーズの発売背景
90%のユーザーがタイヤが摩耗すると性能が落ちることを知っている
ECOPIA NH100シリーズの製品特徴
ECOPIA NH100とNEXTRYを用いたウェット路面での制動距離比較

 最後に「ブリヂストン<5108>は創業者が定めた『最高の品質で社会に貢献』を使命としている。これは単に商品、サービス、技術にとどまらず、あらゆる企業活動においてお客様にとって一番よいものは何かを追求して提供していくことだと考えている。私たちはタイヤメーカーとしてタイヤの性能向上により社会に貢献することは当然ながら、より分かりやすくタイヤの選択基準を示し、新車装着タイヤを基準としたタイヤの選び方、すなわち『ちゃんと買い』を広めていくことも重要な活動として今後も強く取り組んでいく」と述べプレゼンテーションを締めくくった。

まとめ

NEXTRY比で低燃費性能は16%低減、ライフ性能は30%向上

ブリヂストンタイヤジャパン タイヤ株式会社 開発第3本部長の草野亜希夫氏

 ECOPIA NH100シリーズの具体的な製品特徴については、ブリヂストンタイヤジャパン タイヤ開発第3本部長の草野亜希夫氏が解説を行なった。

 ECOPIA NH100シリーズの商品コンセプトは「初期性能で新車用タイヤ性能同等以上を有し、使用過程においても性能低下を抑制する車種別設計低燃費タイヤ」で、「低燃費性能と高ライフの両立」「ウェット性能が長持ち(性能低下抑制技術搭載)」の2点を特徴として挙げる。

 まずパタンについて、「ECOPIA NH100」ではウェット性能、耐摩耗性能の向上を目的に倒れ込み抑制とエッジ効果でウェット性能に配慮した「V字サイプ」、エッジ効果でウェット性能に配慮した「T字サイプ」、ブロック端の角を丸めることで制動時におけるエッジの巻き込みを防ぎ、フラットな制動を実現する「チャンファリング」などを採用。これらを基盤技術とし、ミニバン専用の「ECOPIA NH100 RV」では「大型ショルダーブロック」を採用してIN側のショルダーブロックを大型化することで剛性を高めるとともに、ブロックの倒れ込みを抑制し、高い偏摩耗性能を実現する「3D M字サイプ」を搭載した。さらに軽・コンパクトカー専用の「ECOPIA NH100 C」では幅狭タイヤに対応するため、サイプとラグ溝のバランスを取ることでブラック内の剛性を均一化し、高い摩耗性能を実現する「剛性分布均一化」により軽・コンパクトカー特有の街中での据え切りによる耐摩耗性能を高めることに成功したという。

 さらにECOPIA NH100シリーズでは新トレッドゴム「エコ効きもちゴム」を採用。この「エコ効きもちゴム」では、従来の「ウェット向上ポリマー」に加え新たに「低転がり性能特化ポリマー」「微粒径シリカ」を配合することで、背反する性能である「低燃費性能」「ウェット性能」「ライフ性能」を高次元で実現した。これらに加え、トレッド剛性を最適化することでトレッドの動きを抑制し、ライフ性能を向上する「剛性コントロールシート」、摩耗にともなう接地形状の変化を抑制する「耐摩耗最適化形状」などを搭載することで「これらにより高い摩耗ライフを達成し、走行にともなうパタン性能の変化をできるだけ少なくすることで、ECOPIA NH100シリーズは走行を重ねてもウェット性能が変化しにくいそういうタイヤにした」(草野氏)と、製品特徴について紹介。

 これらにより、ベーシックタイヤのNEXTRY比で低燃費性能は16%低減するとともに、ライフ性能は30%向上。さらに走行を重ねた際のウェットブレーキ性能についても、性能の低下指数は30%改善(NEXTRY比)できたとしている。

新車用タイヤの性能進化
新車用タイヤの性能位置づけ
ECOPIA NH100シリーズの位置づけ
ECOPIA NH100シリーズはECOPIAの第3世代モデル
商品コンセプトと特徴について
パタン特徴
新トレッドゴム「エコ効きもちゴム」について
ライフ性能の向上、接地圧の是正により摩耗に伴うパタン外観の変化を抑制
性能向上寄与技術について
NEXTRY比で低燃費性能を16%低減、ライフ性能を30%向上
走行を重ねた際のウェットブレーキ性能についても、性能の低下指数は30%改善
性能イメージ
ECOPIA NH100発売サイズ
タイヤサイズ 価格 ラベリング(転がり抵抗係数) ラベリング(ウェットグリップ性能) 発売日
225/45 R18 95W XL 35,208円 AA b 2月
215/45 R18 93W XL 35,748円 AA b 4月
225/45 R17 94W XL 31,212円 AA b 3月
215/45 R17 91W XL 30,240円 AA b 2月
225/50 R17 94V 31,644円 AA b 3月
215/50 R17 91V 29,808円 AA b 3月
225/55 R17 97V 27,324円 AA b 4月
215/55 R17 94V 25,920円 AA b 2月
195/50 R16 84V 23,760円 AA b 5月
215/55 R16 93V 23,868円 AA b 3月
205/55 R16 91V 23,004円 AA b 2月
195/55 R16 87V 21,492円 AA b 4月
215/60 R16 95H 22,032円 AA b 2月
205/60 R16 92H 20,736円 AA b 2月
205/65 R16 95H 23,220円 AA b 2月
195/55 R15 85V 17,604円 AA b 5月
195/60 R15 88H 17,820円 AA b 2月
205/65 R15 94H 19,224円 AA b 2月
195/65 R15 91H 17,604円 AA b 2月
185/65 R14 86S 14,040円 AA b 2月
185/70 R14 88S 13,608円 AA b 2月
ECOPIA NH100 RV発売サイズ
タイヤサイズ 価格 ラベリング(転がり抵抗係数) ラベリング(ウェットグリップ性能) 発売日
235/50 R18 101V XL 34,884円 AA b 2月
225/50 R18 95W 33,696円 AA b 3月
225/55 R18 98V 33,156円 AA b 2月
215/55 R18 95V 31,968円 AA b 3月
225/55 R17 101V XL 27,324円 AA b 2月
215/55 R17 94V 25,920円 AA b 2月
205/55 R17 91V 26,028円 AA b 2月
225/60 R17 99H 26,676円 AA b 3月
215/60 R17 96H 25,488円 AA b 2月
215/60 R16 95H 22,032円 AA b 2月
205/60 R16 92H 20,736円 AA b 2月
195/60 R16 89H 19,764円 AA b 2月
215/65 R16 98H 24,408円 AA b 2月
205/65 R16 95H 23,220円 AA b 2月
205/65 R15 94H 19,224円 AA b 2月
195/65 R15 91H 17,604円 AA b 2月
215/70 R15 98H 19,116円 AA b 2月
205/70 R15 96H 18,144円 AA b 2月
195/70 R15 92H 16,200円 AA b 3月
ECOPIA NH100 C発売サイズ
タイヤサイズ 価格 ラベリング(転がり抵抗係数) ラベリング(ウェットグリップ性能) 発売日
185/55 R16 83V 21,600円 A b 2月
185/60 R16 86H 18,468円 A b 3月
175/60 R16 82H 17,388円 A b 2月
185/55 R15 82V 18,792円 A b 2月
175/55 R15 77V 18,144円 A b 3月
165/55 R15 75V 14,364円 A b 2月
185/60 R15 84H 16,848円 A b 2月
175/60 R15 81H 15,660円 A b 2月
165/60 R15 77H 14,364円 A b 2月
185/65 R15 88S 15,660円 AA b 2月
175/65 R15 84H 14,148円 A b 2月
145/65 R15 72S 10,368円 A b 3月
165/55 R14 72V 13,824円 A b 2月
185/60 R14 82H 15,012円 A b 3月
165/60 R14 75H 12,744円 A b 2月
175/65 R14 82S 12,744円 A b 2月
165/65 R14 79S 11,124円 A b 3月
155/65 R14 75H 10,368円 A b 2月
175/70 R14 84S 12,096円 A b 2月
165/70 R14 81S 11,124円 A b 2月
165/65 R13 77S 11,016円 A b 2月
155/65 R13 73S 9,072円 A b 2月
165/70 R13 79S 9,720円 A b 2月
155/70 R13 75S 9,612円 A b 2月
165/80 R13 83S 11,016円 A b 2月
155/80 R13 79S 10,152円 A b 2月
145/80 R13 75S 8,316円 A b 2月
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月10日(火)21時54分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】