【CES 2017】ホンダの自立するバイク「Honda Riding Assist」が「CES2017」で3つの賞を受賞 「Best Innovation」「Best Automotive Technology」「Editors' Choice Awards」 #CES2017

Car Watch 01月10日(火)06時00分配信
2017年1月9日(現地時間) 発表

 本田技研工業<7267>は1月9日(現地時間)、米ラスベガスで開催された「CES2017」において、同社が世界初公開した自立するバイク「Honda Riding Assist」が、計3つの賞を受賞したと発表した。

 今回、Honda Riding Assistは、公式アワードパートナー「Engadget」が主催するBest of CES2017の「Best Innovation」「Best Automotive Technology」を受賞。また、米「Popular Mechanics」誌が主催するBest of CESの「Editors' Choice Awards」も受賞した。

ホンダ<7267>、ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立する2輪車の実験車「Honda Riding Assist」を世界初公開

 Honda Riding Assistは、ライダーが乗っていても乗っていなくても自立することが可能なバイク。ASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったホンダ<7267>独自のバランス制御技術を2輪車に応用した実験車となる。

 ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減。一方で、通常の走行時には既存の2輪車と同等の操縦性を実現しているといい、ツーリングやバイクのある日常をより楽しいものにするという提案となる。

 ホンダブースでは期間中、Honda Riding Assistのデモが披露され、車両単独で自立して移動したほか、ライダーが乗車してもバランスをしっかりとり続けていた。

Honda Riding Assist発表
フロント部分にHonda Riding Assistを採用
前輪にモーターを搭載
キャスター角を変化させる機構を採用
タイヤの切れ角を調整するモーターを組み込んでいる
フロント部分の構造で自立を実現している
Honda Riding Assist
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月10日(火)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】