【2017 デトロイトショー】アイシングループ、レクサスの新型「LS」に採用する「FR用10速AT」展示 / 新型「カムリ」搭載の「FF用8速AT」なども公開 #NAIAS

Car Watch 01月11日(水)13時56分配信
2017年1月9日~10日(プレスデー)、1月14日~22日(一般公開日)

アイシングループブースの中央に展示された新開発のトランスミッション群

 アイシン精機<7259>、アイシン高丘、アイシン化工、アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックスのアイシングループ6社は、米国 デトロイトで開催されている「デトロイトショー」に共同出展。同会場で世界初公開されたレクサス(トヨタ自動車<7203>)の新型「LS」に搭載する新開発の「FR用10速AT」などを展示した。

アイシングループのブースで展示された「FR用10速AT」(AWR10L65)

 ブースの中央でFR用10速ATに加え、同じく同会場で世界初公開されたトヨタ自動車<7203>の新型「カムリ」で採用された「FF用8速AT」、2モーターハイブリッドとなる「マルチステージTHS II用トランスミッション」などを、一部をカットして内部構造が確認できる状態で展示した。

「FF用8速AT」(AWF8G30)
「マルチステージTHS II用トランスミッション」(AWRHM50)

 このほかにもブース内では、グループの製品を1台に集めたモデル車両、ドライバーに異常が発生したときに車両を自動的に路肩に退避させる「ドライバー異常時対応システム」を紹介するシミュレーターなどを展示。将来的な自動運転実現に向けた新技術などについての取り組みを紹介している。

アイシングループで取り扱っている多彩な車両制御パーツを紹介するモデル車両
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月11日(水)13時56分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】