【東京オートサロン 2017】スバルはBRZとWRX S4の「STI Sport」コンセプト初公開 / STIが手掛けた「レヴォーグ STI Sport」「インプレッサ G4」のカスタムモデルも展示

Car Watch 01月13日(金)11時00分配信
2017年1月13日~15日 開催

 1月13日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開幕した「東京オートサロン 2017」。スバル(富士重工業<7270>)は、同社のモータースポーツ統括会社であるSTI(スバルテクニカインターナショナル)とのコラボレーションによって高い走行性能と上質な内外装を融合した最上級グレード「STI Sport」のコンセプトモデル「BRZ STI Sport Concept」「WRX S4 STI Sport CONCEPT」を初公開した。

 また、STIのパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズモデル「レヴォーグ STI Sport -STI Performance-」「インプレッサ G4 -STI Performance-」も合わせて展示されている。

BRZ STI Sport CONCEPT(コンセプトモデル・参考出品車)

 BRZ「GT」をベースとし、アルミホイールを18インチ化するとともにSTI Sport専用の内外装パーツを装着。内装は「STI Sport」の象徴であり、すでに発売されている「レヴォーグ STI Sport」同様の質感の高いボルドー内装。もちろんBRZ STI Sport専用の新デザインだ。

WRX S4 STI Sport CONCEPT(コンセプトモデル・参考出品車)

 STIパーツで走行性能を高め、最上級グレードに相応しい質感のボルドー内装を採用したWRX S4 STI Sport CONCEPT。テールエンドのスポイラーはドライカーボン製だ。

レヴォーグ STI Sport -STI Performance-(カスタマイズモデル・参考出品車)

 レヴォーグ STI Sportをベースに、WRX S4 tSで採用されたレカロシートやCVTクーラーを採用。レカロシートは他のSTI Sportに準じたボルドーカラーに変更されている。フロントブレーキローターはドリルドタイプを採用。

インプレッサ G4 -STI Performance-(カスタマイズモデル・参考出品車)

 開発中のSTIマフラーを装着した新型インプレッサ。フロントブレーキローターは、レヴォーグ同様ドリルドタイプを採用している。

Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月13日(金)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】