【東京オートサロン 2017】トヨタブースでは「AQUA TGR Concept ROAD CAR CONCEPT MODEL」など世界初公開 / レクサスブースは、レーシングをテーマに展開

Car Watch 01月13日(金)16時55分配信
2017年1月13日~15日 開催

トヨタブース

 1月13日、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)において「東京オートサロン 2017」が開幕した。本記事では東ホール8に位置するトヨタブースを中心にお届けする。

トヨタ

 トヨタはレクサスと合同でブースを展開。トヨタブースでは「Vitz TGR Concept ROAD CAR CONCEPT MOD」「AQUA TGR Concept ROAD CAR CONCEPT MODEL」と2台のコンセプトカーを世界初公開するほか、国内初披露となる「Yaris WRC」などスポーツカーを中心に数多くの展示車が用意されている。

Vitz TGR Concept ROAD CAR CONCEPT MOD
Vitz TGR Concept ROAD CAR CONCEPT MOD

 23013年に200台限定で販売された「Vitz GRMN Turbo(以下、GRMN)」のエッセンスを受け継いだコンセプトモデル。ヴィッツの3ドアモデルをベースにスポーツマインドあふれるカスタマイズが行なわれてる。パワーユニットは現状では未公表となっているが、担当者によれば「ノーマルではない」とのこと。また、足まわりやボディ補強などはGRMNに準じた内容となっているという。気になる発売時期は「2017年内ぐらい」とか。

エクステリアはVitz GRMN Turboよりもスポーティな印象
タイヤは前後とも205/45 R17。フロントブレーキはローター、キャリパーともに変更されている
AQUA TGR Concept ROAD CAR CONCEPT MODEL
AQUA TGR Concept ROAD CAR CONCEPT MODEL

 こちらは「G's AQUA」バージョンの進化形で、Vitz TGR Conceptと同じコンセプトに基づくシリーズとしての提案となるモデル。レーシーなエクステリアパーツに、G's AQUA譲りのメッキ加飾で華やかなイメージをプラスしている。ハイブリッド車ということもありパワートレインはノーマルながら、G's AQUA同様にボディ補強やサスペンション強化などが行われているという。

レーシーな造形のエアロパーツにメッキ加飾をプラス
タイヤサイズは前後とも195/45 R17
Yaris WRC
ヤリスWRC

 2017年からWRCに復帰するトヨタの新世代ワールドラリーカー。日本では2016年11月に行なわれた「TGRF(Toyota Gazoo Racing Festival)」において偽装されたマシンが公開されていたが、このオートサロンで本来の姿が公開されることになった。スペックはエンジンが1.6リッターの直噴ターボ。最高出力が380馬力、最大トルクは425Nm以上で、6速MTと4WD機構が組み合わされる。

展示車両は開発車両で、実戦投入されるモデルとは細部が異なる
タイヤはミシュラン製
TOYOTA TS050 HYBRID

 2016年のFIA WEC(世界耐久選手)を戦ったマシン。レーシングハイブリッド「THS-R」を採用し、2.4リッターV型6気筒直噴ツインターボエンジンに8MJのハイブリッドシステムを組み合わせ、前輪をモーター後輪をエンジン+モーターで駆動する。

TS050 HYBRID
2012年から使用されていたTS030 HYBRIDのパワーユニット
そのほか
G'sなどの車両も
G's AQUA TGR WOMAN Special wrapping
G's PRIUS α
特別設定色「ソーラーオレンジ」を採用した特別仕様車「TOYOTA 86 GT “Solar Orange Limited”」
86/BRZ Race用車両
クルマと一緒にカスタマイズ用のパーツも展示されている
発売されたばかりのSUV「C-HR」は実車だけでなくレースカーやパーツの展示も
2017年からのWRC復帰にあわせラリーカーも展示された
セリカGT-Four(ST185)
セリカGT-Four(ST165)
セリカツインカムターボ(TA64)
グランツーリスモ6を使ったシミュレータコーナー
WRC参戦を記念したパネル

LEXUS

レクサスブース

 レクサスブースでは、この日アンベールが行なわれた「LEXUS RC F GT3」をメインに、「LEXUS LC500」「DENSO KOBELCO SARD RC F」の3台を展示する。

RC F GT3

 LEXUS RC FをベースにGT3カテゴリーへの参戦を目的としたモディファイが行われたカスタマーモデル。日本及び米国で各2台ずつ、計4台の投入が予定されている。

RC F GT3
LC500

 2016年1月のデトロイトモーターショーで発表されたLC500をベースとしたレースカー。2017年のスーパーGT GT500クラスに従来の「LEXUS RC F」に代わって投入される。

LC500
DENSO KOBELCO SARD RC F

 2016年のスーパーGT GT500クラスでシリーズチャンピオンを獲得したマシン。ヘイキ・コバライネン選手と平手晃平選手のコンビで、ツインリンクもてぎで行なわれたた第3戦(オートポリス代替戦)、第8戦でそれぞれ2位、優勝のリザルトを獲得。見事シリーズチャンピオンに輝いた。

DENSO KOBELCO SARD RC F
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月13日(金)16時55分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】