【東京オートサロン 2017】ホンダ、新型「シビック」(10代目)を今夏に日本で発売 / セダン、クーペ、ハッチバック、TYPE Rをラインアップ

Car Watch 01月13日(金)15時45分配信
2017年1月13日~15日 開催

東京オートサロン 2017の会場で公開された新型「シビック TYPE R」

 本田技研工業<7267>は、「東京オートサロン 2017」で実施したプレスカンファレンスにて、今夏に「シビック」を国内へ導入すると発表した。

 北米や欧州、中国で発売されている10代目シビックは、2015年11月にアメリカでセダンモデルの発売が開始され、その後、各地域でも販売がスタート。2016年には北米カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、多くの評価と支持を集めているモデルになる。また、2016年のパリモーターショーでは、スポーツモデルの「シビック TYPE R」とベース車両となったハッチバックも発表されていて、セダン、クーペ、ハッチバック、TYPE Rという4モデルがラインアップされる。

東京オートサロンのプレスカンファレンスにてアンベールされるシビック ハッチバック

 プレスカンファレンスでスピーチを行なった本田技研工業<7267>の執行役員・日本本部長 寺谷公良氏は、「ホンダ<7267>の4輪車は1963年に生産を開始してから昨年で世界累計1億台を達成しました。1億台を達成するまでの過程において、ホンダ<7267>はさまざまなクルマを生み出しています。中でもシビックは1972年の発売以来、ホンダ<7267>4輪車の柱になってきたモデルです。1億台のうち、シビックの販売台数は約1/4を占める2400万台となっています」

「そしてシビックは、グローバルにおいて競争の激しいCセグメントカテゴリーでしのぎを削っています。その厳しい環境で鍛えられた10代目シビックは、新設計のプラットフォームの採用により実現したスポーティかつ上質な走行性能や居住性、燃費性能、安全性能、デザインなどで高い評価を受けています。この高い性能は、日本のユーザーにも受け入れられるという強い思いから国内への導入となりました。日本仕様のシビック ハッチバックとシビック セダンのパワートレーンには、力強い走りと燃費性能を両立した1.5リッター直噴VTECターボエンジンを搭載します」と、発売以来、ホンダ<7267>の屋台骨となってきたシビックを国内へ導入することを発表した。

シビックの解説を行なった本田技研工業株式会社の執行役員 日本本部長 寺谷公良氏

 10代目シビックの日本導入は今夏を予定していて、TYPE Rとハッチバックはイギリスのスウィンドン工場で生産したものを輸入。セダンは埼玉製作所の寄居完成車工場で生産される。

日本仕様のシビックの生産体制
2016年のパリモーターショーで世界初公開されたシビック TYPE Rが、日本にも導入されることが発表された。タイヤサイズは245/30 ZR20。ブレーキ<7238>はブレンボのキャリパーとローターをセット
イギリス生産となるシビック ハッチバック
国内生産となるシビック セダン
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月13日(金)15時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】