パイオニア、「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した2Dディスプレイオーディオ「FH-9300DVS」

Car Watch 2017年05月19日(金)13時20分配信
2017年6月 発売

オープンプライス

タッチパネルディスプレイ搭載で2Dメインユニットタイプのディスプレイオーディオ「FH-9300DVS」

 パイオニア<6773>は、2Dメインユニットタイプのカロッツェリア ディスプレイオーディオ「FH-9300DVS」を6月に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万8000円前後。

 FH-9300DVSは、別売のケーブルなどを利用してiPhoneやAndroidのスマートフォンを接続すると、「Apple CarPlay」や「Android Auto」を車載器から操作できるようになるモデル。Apple CarPlayでは「マップ」「電話」「メッセージ」「ミュージック」といった機能をタッチパネルやSiriで、Android Autoでは「Googleマップ」「電話/メッセージ」「音楽」といった機能を、タッチパネルや音声認識機能で操作可能となる。

 そのほかにもハイレゾ音源のダウンサンプリング再生やフルHD動画の再生など、ファイルフォーマットへの対応も強化。USBデバイスだけでなくポータブルHDDとの接続も可能となり、大容量の動画や音楽データを車内で楽しむことができる。

 また、FH-9300DVSは「フルカスタム高性能 48bit デュアルコアDSP」などの高音質パーツを採用して独自の音質チューニングを施すことで、高音質再生を実現。最適な音場を創ることができる「タイムアライメント」や音質を細かく調整できる「13バンド グラフィックイコライザー」などの機能を搭載している。

FH-9300DVS
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月19日(金)13時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】