【ル・マン24時間 2017】現地時間15時にレーススタート。8号車トヨタがトップへ。以下、7号車トヨタ、1号車ポルシェと続く

Car Watch 2017年06月17日(土)23時04分配信
2017年6月17日~18日(現地時間) 決勝開催

ル・マン24時間レースのスタートに駆けつけたトヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 豊田章男氏

 フランスのル・マン市にあるサルトサーキットで行なわれている、世界三大レースの1つとなるル・マン24時間レース。現地時間6月17日15時(日本時間6月17日22時)に、スタートが切られた。

15時(現地時間)にル・マン24時間レースのスタートが切られた

 レースはポールポジションからスタートした7号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)が、3位からスタートして2位に上がった1号車ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)をリードしてレースを進めている。1時間を前に8号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)が2台を抜きトップに立った。

現地時間13時からスタート進行が行なわれる。現地にはトヨタ自動車<7203>の豊田章男社長の姿も

 決勝レースが行なわれる6月17日には午前中に45分間のウォームアップ(関連記事:まもなく決勝開始。ウォームアップでも、中嶋一貴組8号車と小林可夢偉組7号車トヨタが1-2フォーメーション)とサポートレースが行なわれ、13時からスタートに向けた進行が開始された。

 まずは、グリッドガール・グリッドボーイが各チームのグリッドボードを持ち、メインストレートに入場。その後レコノサンスラップを終えたクルマが徐々にストレートに姿を見せる。各車はグリッド近くに停止すると、チームのメカニックが押して、ストレートに対してやや斜めに停車する“ル・マン式スタート”の形で整列した。

グリッドガール、グリッドボーイが入場
ピットアウトしていく7号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID
グリッドに続々とレコノサンスラップを終えた車両が到着
グリッドに向かう8号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID
グリッドに向かう7号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID
グリッドに向かう9号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID
グリッドに向かう2号車 ポルシェ 919 Hybrid、手前に並んでいる並び方がル・マン式スタートの並び方
ポールポジションのグリッドにつく、7号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID

 このル・マン式スタートは、かつてのル・マン24時間レースで行なわれていたスタート方法で、ストレートに斜めに停車した車両に、ストレートの反対側からドライバーが走って飛び乗るというル・マン独特のスタート方式。1970年まではこの方式で行われていたが、あまりに危険(ドライバーがシートベルトをしっかり締めないまま走り出したり、転んだりして引かれる危険性がある)であるということで、1971年からはセーフティカー先導のローリングスタートに変更され、現在に至っている。

 グリッドに全車が整列した後は、グリッドウォークが行なわれ、多くの観客や関係者などがグリッドに詰めかけ、グリッドは大混雑となった。その後は、各国の国歌が順々に流され、もちろんその中には、日本の君が代も含まれている。その君が代が流れている中、場内のモニターに大きく映し出されたのがトヨタ<7203>の中嶋一貴選手と、トヨタ自動車<7203> 代表取締役社長 豊田章男氏。忙しいスケジュールを縫って豊田社長はル・マンまで駆けつけたようだ。これによりトヨタ<7203>にとっては“御前試合”の意味合いも持つことになり、負けられない一戦となりそうだ。

大混雑のグリッドウォーク
フロントローに2本の日の丸が掲げられた
突然登場した豊田章男社長
君が代が流されている最中に拍手するル・マンのスタッフ。各国の国歌が流れるなか、君が代のときのみ拍手が行なわれた。昨年のレース、そして今年のレースに対する期待の表われだろうか

レースは、ポールからスタートした7号車 トヨタ<7203>がリードしているが、2位に1号車 ポルシェが上がる

 グリッドでは観客などが退場した後、14時30分ごろからチームのドライバー、メカニックが1列に整列してのセレモニーが行なわれた。オープンカーに乗せられたトロフィーが、グリッドの最後尾まで運ばれてレッドカーペットの上に置かれるというもので、各チームのドライバーやメカニックなどが並び、その状態でフランスの国歌「ラ・マルセイエーズ」が独唱される、国歌斉唱のセレモニーだ。その後、フランス軍によるヘリコプターからの降下デモなどが行なわれた後、各チームはスタートへ向けてのタイヤを持ち込むなど、スタートシーケンスへと移っていった。14時50分にスタートコールがかかり、フランス空軍の戦闘機のアクロバットチームが飛来しデモを行う中、LMP1、LMP2、GTE-Pro、GTE-Amの順でコースインして、フォーメーションラップへと入っていった。

ドライバー、メカニックが整列している中、トロフィーが進んでいく
上空をフランス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」が通過

 セーフティーカーの先導で各社コースインしていき、スタートが切られると、3番手からスタートしたニール・ジャニ選手がドライブする1号車ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)が、2番手からスタートした8号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)を追い抜き2位に上がった。

7号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)を先頭にレースが開始された

 ポールからスタートした7号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)はポールから順調にスタートして2位を2.3秒引き離し1位を維持しながら1周目を終了した。レースは8号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRIDが、1号車 ポルシェ 919 Hybridを追いかける形で進行している。

 その後、1時間を前に8号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)が2台を抜きトップへ。以下、7号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID、1号車 ポルシェ 919 Hybridと続いている。

8号車 トヨタ<7203> TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)

レースはトヨタ<7203>のWebサイトでインターネットライブ放送されるほか、J-SPORTS3、WEC公式アプリで楽しむことができる

 今回のレースはBS放送局のJ-SPORTS3で前後1時間を含めて24時間レースが生放送されるほか、6月17日21時~25時(日本時間)、6月18日13時~23時(日本時間)の2回に分けて「TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト」でインターネットライブ中継が行なわれる。

 また、iOS(iPhone/iPad)版アプリ、Android版アプリが用意されているWECの公式アプリでは、ライブタイミングを楽しむことができるほか、追加料金(iOS版の場合は、ル・マン24時間のみで1200円)を払うと、ライブストリーム動画を楽しむこともできる。インターネットだけで24時間楽しみたいというユーザーには、こちらのアプリもお勧めだ。

スタート前の一コマ。非常に暑いル・マン24時間レースとなっている
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月17日(土)23時04分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】