国交省、車検切れ車両の取り締まり強化でナンバー自動読取装置を2018年度導入

Car Watch 2017年09月15日(金)15時49分配信
2017年9月15日 実施

国土交通省が2017年度から試験導入する可搬式のナンバー自動読取装置。ナンバープレート情報をカメラで読み取りデータベースと照合することで、瞬時に車検切れか否かを判別できる

 国土交通省は、車検切れ車両の取り締まりを強化するため、街頭に設置する可搬式のナンバー自動読取装置を導入する。本装置は2017年度に全国5カ所で試験的に導入され、2018年度には本格的な導入と運用が開始される。

 ナンバー自動読取装置は、ナンバープレートを撮影するカメラと撮影した情報を照合するPCで構成されている。撮影した映像から自動的にナンバープレートの情報を取得し、それをデータベースと照合することで瞬時にその車両が車検切れか否か判別することができる。

ナンバー自動読取装置は、ナンバープレートを撮影するカメラと撮影した情報を照合するPCで構成
街頭に設置されるナンバープレートを撮影するカメラ
車検切れ車両が通過すると、PCの画面に「HIT」という文字とナンバープレートの情報が表示される

 街頭での検査では、国土交通省の係員が本装置による照合を実施し、車検切れ車両を発見した場合には、数十~数百m先に設置された警察官が待機する検査エリアに通報。警察官が該当車両を検査エリアに誘導し、自動車検査証を確認して車検切れが確認された場合には警告書を交付する。

街頭での検査のイメージ。車検切れ車両が検出されると、警察官が検査エリアに誘導して警告書を交付する
国土交通省 自動車局長 奥田哲也氏

 本装置の導入に先立ち、9月15日に国土交通省でデモンストレーションが実施された。視察した国土交通省 自動車局長 奥田哲也氏は「車検切れの車両は安全性への懸念はさることながら、自賠責(自動車損害賠償責任保険)が切れている可能性が高く、早期に是正を図っていく必要があります。現在、公道上に0.2~0.3%の比率、20万台前後の車検切れの車両が走行していると推計しています。本装置は可搬式となっており非常に簡易かつさまざまな場所で車検切れの車両を判別できるため、かなりのペースで是正の効果が期待できます。また、このような装置を導入することで車検切れでの走行の抑止力にもなります」と述べた。

Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)15時49分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。