【フランクフルトショー 2017】フォルクスワーゲン、2025年までに計80車種の電動車両を新たに販売する「Roadmap E」発表 / 新しいコンセプトモデル「I.D. CROZZ」、新型「T-Roc R-Line」を公開

Car Watch 2017年09月15日(金)22時48分配信
2017年9月12日(現地時間)発表

SUVと4ドアクーペを融合したクロスオーバーのコンセプトモデル「I.D. CROZZ II」(ハイビスカス レッド<3350> メタリック)

 独フォルクスワーゲンAGは、ドイツ フランクフルト市で開催されている2017年フランクフルトモーターショー(プレスデー:9月12日~13日、一般公開日:9月16日~24日)の初日にあたる9月12日(現地時間)、同社ブースで記者会見を開催し、フォルクスワーゲングループ(傘下のアウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、セアト、シュコダなどを含む事業体)のブランド全体で、2025年までに計80車種の電動車両を新たに販売する新戦略「Roadmap E」を発表した。

 また、フォルクスワーゲンは同社ブースで、新しいコンセプトカーとなる「I.D. CROZZ II」や新型「T-Roc」などを展示した。「I.D. CROZZ II」は2016年9月のパリショーで公開されたEV(電気自動車)コンセプトカー「I.D.」のSUV版で、より市販車に近づいたイメージの車両となっている。

2025年までにグループ全体で80車種の電動車両を販売する「Roadmap E」

 今回のフォルクスワーゲングループは、傘下のアウディなどを含めてEVが多数発表されるモーターショーとなっている。それに合わせてフォルクスワーゲンは、9月12日に同社ブースで行なわれた記者会見で「Roadmap E」と銘打った新戦略を発表し、2025年までに計80車種の電動車両を新たに販売し、遅くとも2030年までには全モデルラインアップの電動化を完了することを明らかにした。

 フォルクスワーゲンAG 取締役会会長 マティアス・ミュラー氏は「我々は今やるべきことを理解し、それを実行する。曖昧な意思表明ではなく、弊社が負うべき責任として、今後私たちの業績を測る基準となるものだ」と述べ、固い決意で電動化に向かって進んでいく方針であると説明している。フォルクスワーゲンによれば、2025年までにそれだけの電動化車両を販売するために必要なバッテリーの調達をすでに始めており、2025年までにEVを含む電動化車両の市場でマーケットリーダーになることを目指す方針。なお、フォルクスワーゲングループ全体で2025年までに販売する80車種のうち、フォルクスワーゲンブランドは23車種のEVを提供する予定だ。

2016年のパリショーで初公開されたコンセプトカー「I.D.」
フロント
ミラーはカメラになっている
前席
ハンドルとインストルメントパネル
ペダル
リア

 今回、フォルクスワーゲンブースでもそれに合わせたコンセプトカーが多数展示されていた。

 1つは2016年のパリショーで公開されたEVコンセプトカー「I.D.」だ。I.D.は現在のフォルクスワーゲンの売れ筋車である「ゴルフ」をEVにしたイメージのコンセプトカーで、ゴルフと同じように5ドアハッチバックだ。

 今回新たに公開されたのは「I.D. CROZZ II」で、I.D.のSUV版となる。室内はかなり広々としており、後部座席の乗り降りは容易だった。

I.D. CROZZ
フロント
VWのロゴマークも点灯する
特徴的なBピラーレス
運転席まわり
ペダル
後部座席のドアにもカメラ
リア
ルーフにもカメラ

 フォルクスワーゲンによれば、音声コマンドを利用した完全自動運転機能「I.D. Pilot」が用意されているとのこと。実車で確認すると、ハンドルとアクセルは用意されていたので、レベル4の自動運転機能だと考えられる。なお、モーターの出力は225kWで、最高速は180km/h、バッテリーだけで500kmの航続距離を実現するスペックが想定されている。I.D.とI.D. CROZZをベースにするプロダクションモデルは2020年の販売が想定されている。

I.D.のミニバンとなるI.D.BUZZ、新型T-Rocの特別仕様T-Roc R-Lineを初公開

 今回展示された“I.D.3兄弟”の最後の1台となる「I.D.BUZZ」は、かつてフォルクスワーゲンが販売していた「Bulli(ブリー)」をイメージした車両となっている。インテリアでは4つのシートがあり、写真のように運転席と助手席を後部側に向けて移動することも可能になるという。ハンドルとペダル(アクセルとブレーキ<7238>)は用意されていたため、レベル4の自動運転をイメージする、そうした車両だと考えることができるだろう。フォルクスワーゲンによれば、I.D.BUZZベースの市販車は2022年の販売が想定されている。

I.D.BUZZ
フロント
ヘッドライト
ミラーはカメラになっている
シートはこのように回転させて使うこともできる
リア
会場にはT-Rocの大きな文字もあった

 フランクフルトモーターショーでは同社の新しいCUV「T-Roc」をショーデビューさせた。T-Rocは2WD(FF)と4WDの2つの駆動方式が用意されており、ルーフに対照色を使った2トーン仕様を注文することも可能だ。

 また、フロントアシスト、レーンアシストを含むアシスタンスシステムを標準装備するといった点が特徴になる。なお、今回のフランクフルトモーターショーではT-Rocの特別仕様「R-Line」も初公開されている。

T-Roc R-Line
T-Roc R-Lineのフロント部分
T-Roc R-Lineの運転席
T-Roc R-Lineのペダル
T-Roc R-Lineの運転席ドアトリム
T-Roc R-Lineのセンターコンソール
T-Roc R-Lineのリア
T-Rocのフロント
T-Rocのミラー
T-Rocのホイール&タイヤ
T-Rocのリアハッチ開閉
T-Rocのカーゴルーム
T-Rocのリアハッチを閉じるボタン(電動式)
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)22時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。