日本で「アルピーヌ」ブランド車を輸入販売するビジネスユニット「アルピーヌ・ジャポン」設立

Car Watch 2017年10月11日(水)21時01分配信
2017年10月11日 発表

日本で「アルピーヌ」ブランド車を輸入販売するビジネスユニット「アルピーヌ・ジャポン」設立 3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたアルピーヌの新型モデル「A110」
3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたアルピーヌの新型モデル「A110」
日本で「アルピーヌ」ブランド車を輸入販売するビジネスユニット「アルピーヌ・ジャポン」設立 アルピーヌ・ジャポンのCEOに就任した大極司氏
アルピーヌ・ジャポンのCEOに就任した大極司氏

 ルノー・ジャポンは10月11日、日本で「アルピーヌ」ブランド車の輸入販売事業を行なうビジネスユニット「アルピーヌ・ジャポン(ALPINE JAPON)」を設立したと発表した。

 新設されたアルピーヌ・ジャポンのCEOには、ルノー・ジャポンの代表取締役社長も務めている大極司氏が就任。COOにはトマ・ビルコ(Thomas VILCOT)氏が名を連ねている。

 アルピーヌ・ジャポンはセールス、マーケティング、サービスといったオペレーションをルノー・ジャポンに委託して事業を展開。アルピーヌ・ジャポンでは「年明けに商品及び販売に関する発表を行なう予定」としている。

アルピーヌ・ジャポン組織概要

名称:アルピーヌ・ジャポン/ALPINE JAPON
所在地:神奈川県横浜市西区高島1-1-1
CEO:大極司
COO:トマ・ビルコ/Thomas VILCOT

Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)21時01分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。