ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」

Car Watch 2017年10月12日(木)15時58分配信
2017年10月12日 発売

269万円

ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 30台限定の「カングー フォーミュラエディション」
30台限定の「カングー フォーミュラエディション」

 ルノー・ジャポンは10月12日、ミドルサイズワゴン「カングー」の限定車「フォーミュラエディション」を発売した。30台限定で価格は269万円。乗用車タイプのカングー フォーミュラエディションは日本限定となり、10月12日~16日に全国のルノー・ディーラーで購入申込を受け付け。抽選によって購入者が決定される。ベースモデルは直列4気筒DOHC 1.2リッターターボエンジンに6速DCT(EDC)を組み合わせる「ゼン(EDC)」(259万円)。

 ルノーが1977年にF1参戦をスタートしてから40周年の節目となることを受けて用意されたこの限定車は、ルノーF1マシンのデザインエッセンスをカングーに与えるため、「ノワール メタルM」(ブラック)をベースに、フロントブレードやフロントフォグランプトリムを「ジョン シリウスM」(イエロー)に塗装した専用ボディカラーを採用。また、15インチのブラックアロイホイールにはイエローセンターキャップを備え、ドアパネルにもイエローとブラックの専用サイドストライプを装着したほか、インテリアでもセンタークラスターパネルをブリリアントブラックにカラーリングしている。

ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 ノワール メタルMを基調としたボディの要所に、ルノーF1マシンをイメージさせるジョン シリウスMのワンポイントを設定。ドアパネルにも専用サイドストライプを装着する
ノワール メタルMを基調としたボディの要所に、ルノーF1マシンをイメージさせるジョン シリウスMのワンポイントを設定。ドアパネルにも専用サイドストライプを装着する
ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 イエローセンターキャップを備える15インチのブラックアロイホイールを標準装備
イエローセンターキャップを備える15インチのブラックアロイホイールを標準装備
ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 車内ではブリリアントブラック センタークラスターを採用
車内ではブリリアントブラック センタークラスターを採用
カングー フォーミュラエディション特別装備

専用ボディカラー:ノワール メタルM+ジョン シリウスM(フロントブレード、フロントフォグランプトリム)
ブラック ルノーロゴ
専用サイドストライプ
15インチブラックアロイホイール+イエローセンターキャップ
ブリリアントブラック センタークラスター

ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 ニコ・ヒュルケンベルグ選手とカングー フォーミュラエディション
ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 ニコ・ヒュルケンベルグ選手とカングー フォーミュラエディション
ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 ニコ・ヒュルケンベルグ選手とカングー フォーミュラエディション
ルノー、F1マシンのデザインを採り入れたF1参戦40周年限定車「フォーミュラエディション」 ニコ・ヒュルケンベルグ選手とカングー フォーミュラエディション
ニコ・ヒュルケンベルグ選手とカングー フォーミュラエディション
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月12日(木)15時58分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。