ソニックデザイン、メルセデス・ベンツ「Eクラス セダン」のBurmester搭載車対応スピーカー「SC-213Mb」

Car Watch 2017年10月13日(金)19時11分配信
2017年11月27日 発売

70万円(税別)

ソニックデザイン、メルセデス・ベンツ「Eクラス セダン」のBurmester搭載車対応スピーカー「SC-213Mb」 メルセデス・ベンツの「Eクラス セダン」に搭載されるBurmesterサラウンドサウンドシステムに対応する「SC-213Mb」。製品構成はフロントドア左右、リアドア左右、リアシェルフ左右、センターの純正ドアスピーカーと、フロント用純正ツィーター左右とそれぞれ交換装着する計9モジュールに加え、アディショナルコンペンセーターが付属
メルセデス・ベンツの「Eクラス セダン」に搭載されるBurmesterサラウンドサウンドシステムに対応する「SC-213Mb」。製品構成はフロントドア左右、リアドア左右、リアシェルフ左右、センターの純正ドアスピーカーと、フロント用純正ツィーター左右とそれぞれ交換装着する計9モジュールに加え、アディショナルコンペンセーターが付属

 ソニックデザインは、車種別専用設計の上級スピーカーパッケージ「SonicPLUS CUSTOM(ソニックプラス カスタム)」シリーズに、メルセデス・ベンツの「Eクラス セダン」(W213)に搭載されるBurmesterサラウンドサウンドシステムに対応する「SC-213Mb」を追加して11月27日に発売する。価格は税別70万円で、受注生産品となる。

 SC-213Mbは、音楽の主要帯域をクロスオーバーなしで再生するスーパーフルレンジ思想や各ポジションごとの完全専用設計などを車種別専用スピーカーパッケージの上位モデル「SonicPLUS THE CREST」から受け継ぐ一方、振動板をクロスカーボン系のCMF(クロスマイクロファイバー)に置き換えて純正サウンドシステムとのマッチング性を追求した新世代52mm口径ワイドレンジドライバーユニット「SD-N52M」や、アルミダイキャスト製バッフルと特殊樹脂製バックチャンバーを組み合わせたアルミハイブリッドエンクロージュアをセンターとアディショナルツィーターを除く6スピーカーに採用。

 SonicPLUS CUSTOMシリーズとして初めての採用となるアディショナルツィーターは、Burmesterサラウンドサウンドシステムとの組み合わせで良好な音色バランスが得られる設計としたほか、純正サブウーファーからの不要な中高音をカットするアディショナルコンペンセーターを付属。前席足下のサブウーファーを有効に活用してトータルでのサウンドを整えている。

ソニックデザイン、メルセデス・ベンツ「Eクラス セダン」のBurmester搭載車対応スピーカー「SC-213Mb」 メルセデス・ベンツのEクラス セダン
メルセデス・ベンツのEクラス セダン
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)19時11分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。