ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル

Car Watch 2017年10月13日(金)15時24分配信
2017年10月13日 受注開始

1149万円~2069万円

ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル 「XJ」に新しく追加された「XJR575」
「XJ」に新しく追加された「XJR575」

 ジャガー(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)は10月13日、ラグジュアリーサルーン「XJ」の2018年モデルの受注を開始した。価格は1149万円~2069万円。

 ラインアップは、“XJ史上最もパワフル”な「XJR575」を新たに追加して6モデルの展開としたほか、エンジンの種類をV型6気筒 3.0リッタースーパーチャージドエンジンと、出力違いのV型8気筒 5.0リッタースーパーチャージドエンジンの計3種類に絞った。

モデル エンジン 変速機 価格
XJ LUXURY V型6気筒3.0リッタースーパーチャージド(340PS/450Nm) 8速AT 11,490,000円
XJ PREMIUM LUXURY 12,530,000円
XJ PORTFOLIO 14,030,000円
XJ R-SPORT 14,340,000円
XJR575 V型8気筒5.0リッタースーパーチャージド(575PS/700Nm) 18,870,000円
XJ AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE V型8気筒5.0リッタースーパーチャージド(510PS/625Nm) 20,690,000円
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル XJR575
XJR575

 新しく追加されたXJR575は、エクステリアにグロスブラック仕上げのリアスポイラー、サイドシル、フロントバンパー、ローワー・エアインテーク、ツインボンネットルーバーを採用。レッド<3350>・キャリパーを装着したファラロン・グロスブラックの20インチ 5スポークアロイホイール(テクニカルグレーフィニッシュ)を装備している。

ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル XJR575のエクステリア
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル XJR575のエクステリア
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル XJR575のエクステリア
XJR575のエクステリア
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル レッド・キャリパーを装着したファラロン・グロスブラックの20インチ 5スポークアロイホイール(テクニカルグレーフィニッシュ)
レッド<3350>・キャリパーを装着したファラロン・グロスブラックの20インチ 5スポークアロイホイール(テクニカルグレーフィニッシュ)
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル XJR575のエンブレム
XJR575のエンブレム

 インテリアにはソフトグレインレザーを採用して、ピメントステッチを施したエボニーもしくは、エボニーステッチを施したアイボリーの2種類を用意。トレッドプレートとダッシュボードにはXJR575のバッヂを装着し、フロントとリアのダイヤモンド・キルトシートには専用の刺繍を配すなど、専用のデザインを採用している。

ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル XJR575のインテリア
XJR575のインテリア
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル 575の刺繍が入った専用のダイヤモンド・キルトシート
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル 575の刺繍が入った専用のダイヤモンド・キルトシート
575の刺繍が入った専用のダイヤモンド・キルトシート
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル サイドシルプレート
サイドシルプレート
ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル XJR575
XJR575

 また、XJ全車で従来よりも大型化した10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「Touch Pro」に加え、InControlの通信機能を備えたプロテクトを標準装備して、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用可能。コネクティビティ機能も強化され、オプションで4G対応の通信を選択すると、最大8台の機器を接続することができるWi-Fiホットスポットによる高速インターネット環境が提供される。

 さらに、「レーンデパーチャー・ウォーニング」(車線逸脱警告)、「レーンキープ・アシスト」に加え、ドライバーの疲れを検知すると休息を促す警告を発する「ドライバー・コンディション・モニター」などの安全機能を全グレードに標準装備し、快適性や安全性を高めた。

 ボディカラーは、「フジホワイト」「コリスグレー」「インダスシルバー」「フィレンチェレッド」「サントリーニブラック」「ブリティッシュレーシンググリーン」「ロワールブルー」「ユーロンホワイト」「ナルヴィクブラック」「カルパチアングレー」「ロゼッロレッド」「ファラロンブラック」のほかに、XJR575の専用色となるSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)特別カラーの「ヴェロシティブルー」「サテンコリスグレー」を含む14色を設定した。

ジャガー、575PS/700Nmを発生する「XJR575」を新たに追加した「XJ」2018年モデル
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月13日(金)15時24分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。