【SUPER GT 最終戦もてぎ】レクサスの37号車「KeePer TOM'S LC500」平川/キャシディ組がチャンピオン

Car Watch 2017年11月12日(日)16時05分配信
2017年11月12日 決勝

最終戦もてぎで2位に入りチャンピオンを獲得した37号車 KeePer<6036> TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ組)
平川亮選手(左)とニック・キャシディ選手(右)

 SUPER GT最終戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」が、11月11日~12日の2日間にわたってツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)で開催された。

 12日13時30分より行なわれた決勝レースは、GT500クラスでは23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組、MI)が優勝。2位に入った37号車 KeePer<6036> TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ組、BS)は獲得ポイントにより、シリーズチャンピオンを獲得した。

最終戦を優勝した23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)

 GT300は65号車 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥組、BS)が優勝。シリーズチャンピオンは、3位の4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也組、YH)が獲得した。

4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也組、YH)

シリーズタイトルを争う2台がスタート前に接触するという衝撃の展開からレースが始まる

栃木県警の白バイ隊とNSXパトカー、フェアレディZパトカーによる先導でパレードラップが始まった
DTM車両が続く

 レースは13時30分に、地元栃木県警の白バイ隊とNSX、フェアレディZの2台のパトカーによる先導でパレードラップが行なわれた。その白バイ隊とパトカーの後ろには、今回デモ走行を行なったDTM車両3台が続いており、その後ろにGT500、GT300の順で隊列が続いていくという豪華なパレードラップになった。白バイ隊、パトカー、そしてDTM車両がピットロードに消えた後、セーフティカーによる先導によるフォーメーションラップへと移っていき、13時37分にGT500のトップ車両がスタート、フィニッシュラインを通過し、レースのスタートが切られるかに見えた。

 ところが、そのレースがスタートする直前の最終コーナーで、予想外の衝撃の展開が待っていた。2位からスタートする6号車 WAKO'S 4CR LC500(大嶋 和也/アンドレア・カルダレッリ組、BS)が、ポールポジションからスタートする23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組、MI)がブレーキ<7238>を温めようとウービングしているところに追突するという事故が、フォーメーションラップ中であるのにも関わらず発生した。これにより、23号車の左リアと、6号車の右フロントが接触し、いずれの車両もダメージを負うという展開になった。

 レースがそのままスタートが切られると、接触によりダメージがあった23号車と6号車からは煙が出ており、何らかのトラブルが発生して事が見て取れた。ただし、23号車の煙は暫くすると収まりそのまま走り続けたのに対して、6号車はその接触のダメージが影響したのか、3位からスタートした37号車KeePer<6036> TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ組、BS)がそれにつまり、トップの23号車とのギャップがどんどん広がってしまう展開になり、むしろ4位からスタートした46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山哲/千代勝正組、MI)が追いつき、何度もオーバテイクされそうになる。

GT500クラスのスタートシーン。23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)の左リアから煙が出ている
そのままレースは進行した

 結局4周目に37号車が6号車をオーバーテイクして、チャンピオン獲得安全圏の2位へ順位を上げる展開となった。

 逆に2位からスタートした6号車 WAKO'S 4CR LC500は37号車に抜かれた後もズルズルと順位を落としていき、46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-Rなどにも抜かれ4位に転落し、その後順位を上げてきた24号車 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(佐々木大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組、YH)と5コーナーで接触し、両者スピンしてコースアウトして両車ともに最後尾に転落することになってしまった。さらに、24号車にはウォームアップでの違反、そしてこの接触での違反を取られて2回のピットスルーペナルティが出されて上位争いからは脱落ということになってしまった。

右フロントが壊れてしまった6号車 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組、BS)

 その後ろでは7位からスタートした36号車 au TOM'S LC500(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組、BS)が猛烈な追い上げを行なっており、前を行く24号車 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R、46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-R、6号車 WAKO'S 4CR LC500などを次々に抜いて瞬く間に3位まで上がって魅せた。

猛烈な追い上げを見せた36号車 au TOM'S LC500(中嶋一貴/ジェームス・ロシター組)
2回のピットスルーペナルティ出るなどで上位争いから脱落していった24号車 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(佐々木大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)

 しかし、36号車 au TOM'S LC500は、8周目に左リアのトラブルでピットイン、そのまま長い時間ガレージで修復することになり、コースに復帰したときには12周遅れになっておりこちらも完全にレースから脱落してしまった。

 これによりレースはトップが23号車 MOTUL AUTECH GT-R、2位が37号車KeePer<6036> TOM'S LC500、3位が46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-R、4位が38号車 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明組、BS)、5位に100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/伊沢拓也組、BS)となっていた。このままの順位でゴールすれば、37号車KeePer<6036> TOM'S LC500がチャンピオンという展開だ。

23号車がポールトゥーウインだが、37号車KeePer<6036> TOM'S LC500の若い2人がチャンピオン

 その後レースが動いたのは22周目、2位を走っていたポイントリーダーの37号車KeePer<6036> TOM'S LC500がGT500勢の中では先陣を切ってピットイン。これを皮切りに他のGT500車両もピットインする。

 3周後にトップを走っていた23号車 MOTUL AUTECH GT-Rは、ピットインをした車両の中ではトップのままコースに戻ることに成功。これに37号車が続く2位になった。上位勢の最後に46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-Rが37号車の前にでて、37号車のポイントを減らして23号車のチャンピオン獲得をアシストできるかどうかに焦点は移ったが、47号車がピットアウトするとピット作業に時間がかかったこともあり、ピットインした中では6位と大きく後退し、23号車の逆転チャンピオンの可能性は大きく遠のいてしまった。

23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)はピットイン戦略は成功させたものの……

 後半は、上位勢は順調に周回を続け、淡々としたレースになった。チャンピオン争いをしているトップの23号車 MOTUL AUTECH GT-R、2位の37号車KeePer<6036> TOM'S LC500は前後の差が大きく、淡々とレースを続けた。23号車はトップを走っているが、そのままの順位では、レースに勝ってもチャンピオン争いでは逆転できないというもどかしい展開。これに対して37号車は2位でもチャンピオンを獲れるため、特に焦る必要も無く、ドライブする平川亮選手は落ち着いて周回を重ねていった。

 レース終盤に盛り上がったのは、ホンダ<7267>勢の17号車 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史組、BS)と100号車 RAYBRIG NSX-GTによる4位争い。この争いはホンダ<7267>勢の中でのトップ争いになっており、1秒以内の差で激しいレースがレース終盤に渡ってずっと展開された。最後には46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-Rもつまり、3台が1秒以内という僅差の戦いになったが、結局17号車 KEIHIN NSX-GTが辛くも抑えきった。

17号車 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史組、BS)と100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/伊沢拓也組、BS)による4位争い

 結局レースは23号車 MOTUL AUTECH GT-Rがポールポジションから優勝、2位は37号車KeePer<6036> TOM'S LC500、3位は38号車 ZENT CERUMO LC500となった。

最終戦を優勝した23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)
最終戦の優勝を喜ぶ鈴木監督(左)
シリーズチャンピオンを獲得した37号車 KeePer<6036> TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ組)

 この結果により、37号車KeePer<6036> TOM'S LC500がシリーズチャンピオンを獲得することになった。平川亮選手、ニック・キャシディ選手はいずれも23歳と若く、SUPER GT史上最も若いペアによる新チャンピオンの誕生となる。TOM’Sチームにとっては2009年以来のチャンピオン獲得となる。

SUPER GT 最終戦 もてぎ GT500クラス レース結果
順位 車番 車名 ドライバー タイヤ タイム 周回
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田次生/ロニー・クインタレッリ MI 1時間31分44秒581 53
2 37 KeePer<6036> TOM'S LC500 平川亮/ニック・キャシディ BS 1時間31分50秒844 53
3 38 ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明 BS 1時間31分57秒934 53
4 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/小暮卓史 BS 1時間32分04秒543 53
5 100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/伊沢拓也 BS 1時間32分05秒118 53
6 46 S Road CRAFTSPORTS GT-R 本山哲/千代勝正 MI 1時間32分05秒438 53
7 12 カルソニック IMPUL GT-R 安田裕信/ヤン・マーデンボロー BS 1時間32分23秒490 53
8 1 DENSO KOBELCO SARD LC500 ヘイキ・コバライネン/平手晃平 BS 1時間32分31秒236 53
9 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/小林崇志 BS 1時間32分46秒302 53
10 64 Epson Modulo NSX-GT ベルトラン・バゲット/松浦孝亮 DL 1時間33分13秒250 53
11 16 MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/中嶋大祐 YH 1時間31分47秒507 52
12 24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 佐々木大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ YH 1時間32分22秒942 52
13 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ BS 1時間29分42秒203 51
14 36 au TOM'S LC500 中嶋一貴/ジェームス・ロシター BS 1時間33分13秒873 42
15 19 WedsSport ADVAN LC500 関口雄飛/国本雄資 YH 1時間06分59秒069 38
SUPER GT 2017年シーズン GT500クラス ポイントランキング
順位 車番 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 合計 点差
1 37 平川亮/ニック・キャシディ 20 11 5 1 5 6 21 15 84 -
2 23 松田次生/ロニー・クインタレッリ 4 8 6 8 15 18 2 21 82 -2
3 6 大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ 15 15 - 11 2 5 15 - 63 -21
4 38 立川祐路/石浦宏明 8 21 1 - 11 2 8 11 62 -22
5 36 ジェームス・ロシター 6 6 20 4 8 3 6 - 53 -31
6 36 中嶋一貴 6 - 20 4 8 3 6 - 47 -37
7 100 山本尚貴/伊沢拓也 - 5 12 2 3 13 4 6 45 -39
8 1 ヘイキ・コバライネン/平手晃平 11 4 - 20 1 - 5 3 44 -40
9 8 野尻智紀/小林崇志 1 2 - 7 21 4 - 2 37 -47
10 17 塚越広大/小暮卓史 - 3 15 - - - 11 8 37 -47
11 64 ベルトラン・バゲット/松浦孝亮 - - - 3 - 25 3 1 32 -52
12 46 本山哲/千代勝正 - - 8 15 - - 1 5 29 -55
13 19 関口雄飛 5 1 3 - 4 10 - - 23 -61
14 19 国本雄資 5 - 3 - 4 10 - - 22 -62
15 12 安田裕信/ヤン・マーデンボロー 3 - 4 - 6 - - 4 17 -67
16 24 佐々木大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 1 - 2 - - 9 - - 12 -72
17 19 小林可夢偉 - - - - - 10 - 10 -74
18 16 武藤英紀/中嶋大祐 2 - - 5 - - - - 7 -77
19 36 伊藤大輔 - 6 - - - - - - 6 -78
20 19 山下健太 - 1 - - - - - - 1 -83

GT300は2輪交換にかけた65号車 LEON CVSTOS AMGが優勝、3位の4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGが王者に

GT300は4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也組、YH)がポールでスタート

 混乱のスタートとなったGT500とは対照的に、GT300は静かなスタートとなった。ポールからスタートした4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也組、YH)は順調にトップを走り、2位以下も淡々と周回するという展開になった。4号車は安定して王者獲得へ向かいつつあったが、16周目にドライバー交代の義務をクリアした段階でほかの車両に先駆けてピットインし、片岡龍也選手から谷口信輝選手へドライバー交代、および4輪のタイヤ交換を行って、早々とドライバー交代の義務を消費し、他チームのピットインを待つレースとなる。

 これを見た2位以下のチームもピットインすることになるが、4号車がタイヤを交換したのを見て、他の上位チームは、いずれもタイヤ無交換ないしは2輪交換というギャンブルに打って出る。4号車が3位以上で自力でチャンピオンが獲れるので、ギャンブルをする理由がないのに対して、チャンピオン争いに絡んでいないチームや、絡んでいても4号車よりも上位でゴールしなければ権利のないチームはギャンブルするだけの理由があり、タイヤ無交換ないしは2輪交換を選んだのだ。

 2輪交換を選んだのは65号車 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥組、BS)、無交換を選んだのは55号車 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー組、BS)と25号車 VivaC 86 MC(松井孝允/山下健太組、YH)で、ピット作業を終えてみると、いずれも4号車よりも前に出ることに成功した。

 全車がピットインを終えると、トップは無交換の55号車 ARTA BMW M6 GT3、2位は25号車 VivaC 86 MC、3位は65号車 LEON CVSTOS AMG、4位は4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG、5位は9号車 GULF NAC PORSCHE 911(ジョノ・レスター/峰尾恭輔組、YH)という順位になった。

55号車 ARTA BMW M6 GT3
25号車 VivaC 86 MC(松井孝允/山下健太組、YH)
65号車 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥組、BS)
9号車 GULF NAC PORSCHE 911(ジョノ・レスター/峰尾恭輔組、YH)
55号車 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー組、BS)

 しかし、終盤になるとタイヤ無交換勢はタイヤが厳しくなり、トップの55号車、2位の25号車は2輪交換の65号車、4輪交換の4号車に激しく追い上げられる展開に。38周目に、65号車が、ついで4号車が次々と25号車をオーバーテイクし、2位、3位に浮上した。そして、残り周回が数周となった段階で、2位を走っていた65号車がトップの55号車に追いつき、1コーナーで綺麗なパッシングを見せてトップに浮上し、そのまま優勝を果たした。2位は55号車。

65号車 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥組、BS)

 シリーズタイトルは3位に入った4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGが獲得した。谷口信輝選手にとっては、2011年、2014年に次いで3度目、片岡龍也選手にとっては2009年、2014年に次いで3度目のタイトルとなった。

4号車 グッドスマイル 初音ミク AMG
SUPER GT 最終戦 もてぎ GT300クラス レース結果
順位 車番 車両 ドライバー タイヤ タイム 周回数
1 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤治樹/蒲生尚弥 BS 1時間31分56秒005 49
2 55 ARTA BMW M6 GT3 高木真一/ショーン・ウォーキンショー BS 1時間31分58秒260 49
3 4 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也 YH 1時間32分09秒997 49
4 9 GULF NAC PORSCHE 911 ジョノ・レスター/峰尾恭輔 YH 1時間32分15秒529 49
5 25 VivaC 86 MC 松井孝允/山下健太 YH 1時間32分22秒029 49
6 51 JMS<7702> P.MU LMcorsa RC F GT3 中山雄一/坪井翔 BS 1時間32分23秒239 49
7 11 GAINER TANAX AMG GT3 平中克幸/ビヨン・ビルドハイム DL 1時間32分23秒946 49
8 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン/柳田真孝 DL 1時間32分34秒356 49
9 33 D'station Porsche 藤井誠暢/スヴェン・ミューラー YH 1時間32分45秒369 49
10 3 B-MAX NDDP GT-R 星野一樹/高星明誠 YH 1時間32分56秒722 49
11 87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3 細川慎弥/佐藤公哉 YH 1時間33分01秒621 49
12 31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀/久保凜太郎 BS 1時間33分10秒868 49
13 7 Studie BMW M6 ヨルグ・ミューラー/荒聖治 YH 1時間33分13秒399 49
14 26 TAISAN SARD R8 FUKUSHIMA 山田真之亮/ジェイク・パーソンズ YH 1時間33分14秒230 49
15 5 マッハ車検 MC86 GTNET 坂口夏月/藤波清斗 YH 1時間33分26秒445 49
16 18 UPGARAGE BANDOH 86 中山友貴/川端伸太朗 YH 1時間33分29秒970 49
17 360 RUNUP GT-R 柴田優作/青木孝行 YH 1時間33分31秒534 49
18 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 飯田章/吉本大樹 YH 1時間33分36秒259 49
19 10 GAINER TANAX triple a GT-R 富田竜一郎/吉田広樹 DL 1時間31分47秒190 48
20 52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC 番場琢/脇阪薫一 YH 1時間31分47秒778 48
21 50 Ferrari 488 GT3 都筑晶裕/新田守男 YH 1時間31分49秒646 48
22 117 EIcars BENTLEY GT3 井出有治/阪口良平 YH 1時間32分30秒903 48
23 111 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT 石川京侍/山下亮生 YH 1時間32分35秒962 48
24 35 ARTO 86 MC 101 ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ/ナタポン・ホートンカム YH 1時間32分58秒198 48
25 22 アールキューズ SLS AMG GT3 和田久/城内政樹 YH 1時間33分16秒623 48
26 48 植毛 GT-R 高森博士/田中勝輝 YH 1時間11分50秒008 37
R 2 シンティアム・アップル・ロータス 高橋一穂/加藤寛規 YH 53分01秒440 28
R 61 SUBARU<7270> BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 DL 48分32秒817 25
R 88 マネパ ランボルギーニ GT3 織戸学/平峰一貴 YH 28分45秒690 15
R 30 TOYOTA PRIUS apr GT 永井宏明/佐々木孝太 YH 10分09秒6096 5
SUPER GT 2017年シーズン GT300クラス ポイントランキング
順位 車番 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 合計 点差
1 4 谷口信輝/片岡龍也 20 1 6 8 15 - 15 12 77 -
2 51 黒澤治樹/蒲生尚弥 16 6 1 4 - 25 - 20 72 -5
3 65 中山雄一/坪井翔 3 20 5 - 2 6 20 5 61 -16
4 55 高木真一/ショーン・ウォーキンショー 6 - 11 - 21 - 8 15 61 -16
5 25 松井孝允/山下健太 8 - 21 12 - 1 - 6 48 -29
6 11 平中克幸/ビヨン・ビルドハイム - 15 - 20 - 3 3 4 45 -32
7 33 藤井誠暢 2 11 4 - 3 2 11 2 35 -42
8 61 ジョノ・レスター/峰尾恭輔 11 1 - 1 6 4 - 8 31 -46
9 88 井口卓人/山内英輝 - - 15 2 8 5 - - 30 -47
10 33 織戸学/平峰一貴 - - - - 4 18 6 - 28 -49
11 60 スヴェン・ミューラー 2 11 - - - 2 11 2 28 -49
12 9 飯田章/吉本大樹 - 3 - 6 - 10 5 - 24 -53
13 87 細川慎弥/佐藤公哉/元嶋佑弥 - 8 - - - 13 - - 21 -56
14 7 ヨルグ・ミューラー/荒聖治 - 4 8 - 5 - 1 - 18 -59
15 31 嵯峨宏紀/久保凜太郎 1 - - 5 11 - - - 17 -60
16 3 星野一樹/高星明誠 4 5 2 3 - - 2 1 17 -60
17 50 都筑晶裕/新田守男 - - - 15 - - - - 15 -62
18 10 富田竜一郎/吉田広樹 5 - - - - 8 - - 13 -64
19 18 中山友貴/川端伸太朗 - 2 - - - - 4 - 6 -71
20 33 リチャード・ライアン/柳田真孝 - - - - 1 - 1 3 5 -72
21 5 アンドレ・クート - - 4 - - - - - 4 -73
22 21 坂口夏月/藤波清斗 - - 3 - - - - - 3 -74
23 25 近藤翼 - - - - - 1 - - 1 -76
シーズン最後の表彰式。ファンと一体になってSUPER GTを発展させていく
GTアソシエイション代表 板東氏による挨拶。ファンあってのレースだと語る
2017年シーズンのSUPER GTのフィナーレ
Car Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年11月12日(日)16時05分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。