バッファロー、IEEE 802.3bz規格対応スイッチを2017年春に販売へ

クラウド Watch 01月05日(木)15時08分配信

 株式会社バッファロー<3352>は5日、IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)規格に対応した法人向けスイッチ「BS-MP20シリーズ」を、2017年春に販売開始すると発表した。

 IEEE 802.3bzは、2016年9月に標準規格化された新しいEthernet規格。IEEE 802.3ab(1000BASE-T)を利用している場合、ケーブルはCat5eないしCat6を敷設していることが多いが、2.5/5GBASE-TではCat5e/6のケーブルを利用して最大5Gbps(規格値)の通信を行える特徴がある。このため、2.5/5GBASE-TではCat5e/6のケーブルが敷設されていれば入れ替えが必要なく、機器のリプレースのみでIEEE 802.3abからの通信速度向上が可能な点がユーザーにとっての大きなメリットだ。

 一方、IEEE 802.3an(10GBASE-T)の場合は一般的にCat6Aより上位のケーブルが必要とされる(条件に応じてCat6でも最大55メートルまで対応可能)ので、機器のリプレースに加え、ケーブルの入れ替えも考慮する必要がある。

 今回、バッファロー<3352>では法人向けNAS「テラステーション 5010シリーズ」の2.5/5GBASE-T対応ファームウェアも公開しており、10GBASE-Tよりも手軽に導入できる2.5/5GBASE-T対応製品を拡充することで、法人ユーザーにおけるネットワーク高速化を支援したい考えだ。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月05日(木)15時08分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】