NECネッツエスアイ、台湾Edgecore Networks製のスイッチ製品を販売

クラウド Watch 01月05日(木)11時34分配信

 NECネッツエスアイ<1973>株式会社は5日、台湾Edgecore Networks製のレイヤ2/3スイッチを販売開始すると発表した。

 Edgecore Networksでは、企業などのオフィスに設置するレイヤ2スイッチから、高性能・信頼性を持ち、搭載するネットワークOSを選択可能なデータセンター/通信事業者向けのOpen Networkingスイッチまでを幅広く提供している。

 今回NECネッツエスアイ<1973>では顧客のニーズにあわせ、これらの広範な製品群を、技術サポートを含めて販売するとのこと。

 例えばOpen Networkingスイッチでは、100Gigabit Ethernet(GbE) QSFP28×32ポートの「AS7712-32X」や10GbE SFP+×48、40GbE QSFP×6の「AS5812-54X」、企業向けスイッチでは0GbE SFP+×48、40GbE QSFP×6の「AS5710-54X-EC」、11000BASE-T×24、10GbE SFP+×2の「ECS4620-28T」などをラインアップした。価格はすべて個別見積もりとなる。

 またNECネッツエスアイ<1973>は同時に、台湾Accton Technologyの子会社である米SMC<6273> Networks製品においても、IgniteNetブランドの無線LAN関連製品/サービスを販売している。

 今回、同ブランドのうち、IEEE 802.11ac対応のアクセスポイント「SS-AC1200」「SP-AC750」を、それぞれ1万9700円(税別)、1万3700円(税別)のキャンペーン価格で販売。これらの管理をクラウド環境で行えるクラウドコントローラの利用料も初年度5500円(税別、99台まで)で提供する。キャンペーン期間は3月31日まで。

 なおNECネッツエスアイ<1973>では、Edgecore NetworksおよびSMC<6273> Networksの両製品、および関連SI<3826>などにおいて、APAC圏を含めて今後3年間で50億円の売り上げを見込んでいる。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月05日(木)11時34分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】