CTC、グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を活用したAIソリューションを提供

クラウド Watch 01月10日(火)13時21分配信

 伊藤忠テクノソリューションズ<4739>株式会社(以下、CTC<4739>)は10日、株式会社グリッドと業務提携し、グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を活用したAIサービスの開発・提供での協業を開始すると発表した。

 ReNomは、深層学習や最適化アルゴリズム、生成モデルをはじめ、さまざまなアルゴリズムをライブラリとして備え、各ライブラリを組み合わせることにより、専門家以外でも比較的容易にAIを作成することが可能。実用的な多数のアルゴリズムをすでに備えているため、課題ごとに個別に設計する場合と比べて、開発期間を4割以上短縮することが期待でき、すでに幅広い産業で適用実績があるという。

 今回の業務提携は、ReNomの普及を目的として、両社の推進体制を構築。幅広い分野における課題解決支援と、ReNomを使用したサービスの共同開発を図る。グリッドが持つ機械学習/深層学習に関するノウハウと、CTC<4739>のシステム構築・運用でのIT総合力を組み合わせ、既存システムとReNomの連携を含めて顧客のAI活用を支援する。

 また、AI導入・活用を検討する顧客向けのPoC支援サービスをはじめ、順次、導入後のフォローを行う定着化支援などのサービス開発や、ReNomを使用したアプリケーション開発を進めていく。すでに共同で複数の顧客に対して、PoCプロジェクトを開始している。

 今後、CTC<4739>とグリッドは、販売代理店契約の締結、共同での海外展開も視野に、ReNomを活用したソリューション提供を通して、顧客の新規事業開発や生産性向上の実現、社会的な課題の解決に貢献していくとしている。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月10日(火)13時21分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】