オリックス八ヶ岳農園、NECの農業ICTクラウドで野菜の安定供給目指す

クラウド Watch 01月11日(水)13時07分配信

 日本電気株式会社(NEC<6701>)は11日、オリックス<8591>八ヶ岳農園株式会社が、NEC<6701>の農業ICTクラウドサービスを採用したと発表した。

 オリックス<8591>八ヶ岳農園は、オリックス<8591>株式会社と農業生産法人の株式会社本多園芸が共同で設立した農業法人。長野県八ヶ岳高原で運営する太陽光利用型の水耕栽培施設で、2015年9月より、ほうれん草やルッコラなどの生食用葉物野菜を生産しているという。

 今回同園では、NEC<6701>のIoT/M2Mソリューション「CONNEXIVE(コネクシブ)」を施設園芸の監視に活用した農業ICTクラウドサービスを導入。水耕栽培のハウス内に温度・湿度・炭酸ガス濃度・照度・水温のセンサーを設置し、データを定期的に収集してNEC<6701>のクラウドに蓄積している。

 こうした集められたデータはグラフ化され、PCやスマートフォンの画面に表示できるため、ハウス内の環境を遠隔地からでもリアルタイムに把握可能な点がメリット。また、高温・低温などハウス内の異常が検出された場合は、すぐにメールで通知する機能も備えている。

 同園はこうした仕組みを導入することで、ハウス環境を見える化し、作業負荷の軽減および生産効率の向上を図るとともに、野菜の安定供給を目指しているとのことだ。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月11日(水)13時07分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】