IDCフロンティア、早稲田大学IPS・北九州コンソーシアムに参画し共同研究などを実施

クラウド Watch 01月11日(水)17時08分配信

 株式会社IDCフロンティア<8964>は11日、早稲田大学大学院情報生産システム研究科(以下、早稲田大学IPS)が同日付で設立した「早稲田大学IPS・北九州コンソーシアム」に参画すると発表した。

 「早稲田大学IPS・北九州コンソーシアム」は、産業界、自治体などと早稲田大学IPSが連携し、北九州を中心としたものづくり産業などと一体化した教育・研究環境の実現を目的としたもの。国内30数社が会員企業として参画を予定しているという。

 IDCフロンティア<8964>も今回、同コンソーシアムに参画し、福岡市のR&D拠点や、北九州市内の大型データセンターなどを生かして、ビッグデータの活用による「未来予測」をテーマにした共同研究を行うとのこと。

 なお、共同研究の例としては、サイバー攻撃の予兆検知や予知、ビッグデータ用インフラの仮想化技術、データフローによるデータセンターの制御、次世代のデータセキュリティなどを挙げている。

 また、コンソーシアムへの研究用ITインフラ基盤として、ディープラーニングに代表される高度なデータ解析を可能とするGPU搭載サーバーやデータセンターを提供するなどにより、産学連携を推し進める予定としている。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月11日(水)17時08分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】