デルとEMCジャパン、HPC向けの4ノード/2Uラックサーバー「Dell EMC PowerEdge C6320p」を販売開始

クラウド Watch 01月11日(水)06時00分配信
Dell EMC PowerEdge C6320p

 デル株式会社とEMCジャパン株式会社は10日、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)システムの新たなポートフォリオとして、4ノード/2Uラックサーバー「Dell EMC PowerEdge C6320p」の販売を開始した。価格はオープン。

 Dell EMC PowerEdge C6320pは、Intel Xeon Phiプロセッサーを搭載し、並列計算向けに最適化されたサーバー。72コア×4ノード/2U構成で、高密度・高並列のHPC環境でのパフォーマンスを一段と強化。データ集約型の計算処理とスケールアップ並列処理のためのインサイト<2172>情報をより迅速に獲得できるよう構築されている。

 Lifecycle Controllerを搭載した「Dell Remote Access Controller 8(iDRAC8)」により、システム管理を簡素化し、自動化することで、製品を迅速に導入、監視、更新でき、より優れたサービスと可用性を確保できる。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月11日(水)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】