ネットギア、PoE+対応のタップ型スイッチ2機種を発売

クラウド Watch 01月12日(木)06時00分配信
GSS108EPP
GS408EPP

 ネットギアジャパン合同会社(以下、ネットギア)は11日、VLAN、QoS機能を標準装備し、1ポートあたり最大30Wの給電が可能なPoE+(IEEE 802.3at)に対応した、タップ型のギガビット8ポートスイッチ「GSS108EPP」および「GS408EPP」を発売した。

 GSS108EPPは、既存製品の「GSS108E」にPoE機能を追加した製品。8ポート中4ポートがPoE+による給電に対応し、4ポート合計では最大47Wの給電が可能。IP電話などの用途に適し、製品をデスクサイドや壁際に設置することで、IP電話やPCを1つのハブ<3030>に収容できる。

 GS408EPPは、8ポートすべてがPoE+による給電に対応し、8ポート合計では124Wの給電が可能。無線LANアクセスポイントやネットワークカメラなど、給電能力が重要とされる用途に適した製品となる。

 両製品ともに従来通り、ネットギアの「Plus」ユーティリティを使用することで、VLAN、QoS、ポートミラーリングなどの設定を簡単に行える。

 製品価格(税別)は、GSS108EPPが3万2000円、GS408EPPが5万円。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月12日(木)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】