アット東京のデータセンター内にJPNAPの接続拠点が新設

クラウド Watch 01月12日(木)16時53分配信

 株式会社アット東京は12日、中核データセンター「アット東京 中央センター(以下、CC1)」内に、インターネットマルチフィード株式会社が新たな接続拠点を開設すると発表した。この拠点を利用し、インターネット相互接続(IX)サービスである「JPNAP(Japan Network Access Point)サービス」を4月より提供開始する。

 新たに提供されるJPNAPサービスは、接続ネットワーク数が130以上、最大交換トラフィック量が800Gbps以上(2016年12月時点)となる、アジア最大級のIXサービス。アット東京のデータセンターサービスを利用するISP、データセンター事業者、金融機関、企業などを対象とし、大容量トラフィックの安定した交換を可能にするという。

 なお、今回JPNAPサービスの拠点が開設されたCC1は、約14万平方メートルの総床面積により、高い拡張性を持つデータセンター。高い水準のファシリティーを持つだけでなく、20社を超える国内外の通信事業者の接続拠点が集積され、設備・環境の優位性とネットワーク接続性の両方を兼ね備えている点が特徴としている。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月12日(木)16時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】