新日鉄住金ソリューションズ、IoTに「ヒトのインターネット」をあわせた“IoX”ソリューションを提供

クラウド Watch 01月13日(金)12時40分配信

 新日鉄住金ソリューションズ<2327>株式会社(以下、NSSOL<2327>)は12日、デジタルファクトリーとスマートロジスティクスの構築を推進する「IoXソリューション」を提供開始すると発表した。

 NSSOL<2327>では、「モノのインターネット」であるIoT(Internet of Things)に加え、「ヒトのインターネット」を意味するIoH(Internet of Humans)をあわせ、両者が高度に連携・協調する「IoX」を提唱。2016年4月に「IoXソリューション事業推進部」を設立して、新日鉄住金<5401>グループをはじめとした製造業、流通業などの企業と、IoXソリューションの開発、実証実験に取り組んできた。

 同社は、自社の強みである製造/流通系ソリューション(MES、WMS、SCM、PLMなど)の業務知見や、研究所で蓄積されたクラウド、ビックデータ分析、機械学習、最適化技術、AR・ウェアラブル技術などの先端技術、およびSI<3826>力を総合することで、IoXの導入・活用を検討している企業に対し、実現性のあるソリューションを提供できるとしている。

 なおNSSOL<2327>では、1月18日~20日に東京ビックサイトで開催される「第1回スマート工場EXPO」に、IoXソリューションに関する取り組みを出展するとのこと。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月13日(金)12時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】