富士通、マーケティングオートメーションの米Marketoと協業

クラウド Watch 01月13日(金)12時33分配信
「Marketo」のサービス概要

 富士通株式会社は13日、米Marketo社との協業を発表した。同社が手がけるマーケティングオートメーション(MA)プラットフォーム「Marketo」の導入支援コンサルティングサービスを新たに開始する。

 富士通<6702>では、デジタルマーケティングに関する自社の製品・ソリューションを「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」というブランドのもとで体系化している。

 Marketo社との協業にあたっては、サービスおよびテクノロジー分野でのパートナー契約を締結。MAプラットフォームとしてのMarketoの導入支援コンサルティングなどを行う。なお、富士通<6702>では2014年からSaaS製品の販売でMarketoを活用しており、ノウハウの蓄積もあるという。

 また、CX360とMarketoの連携機能についても新開発する。Marketoから取り込むデータに加え、Adobe Analytics、Google Analytics、Facebook、Twitterなどのログ情報を集約し、効果測定の結果をCX360のダッシュボードで一元管理できるようになる。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月13日(金)12時33分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】