ブロードバンドタワー、高レベルのセキュリティサービス「BBTower Secure Net」を提供

クラウド Watch 01月13日(金)06時00分配信

 株式会社ブロードバンドタワー<3776>は12日、同社のデータセンターに株式会社ラック<3857>の共同利用型セキュリティ監視サービス「Secure Net」を導入し、24時間365日体制のセキュリティ監視と高いセキュリティレベルを実現したサービス「BBTower Secure Net」を提供すると発表した。提供開始は2月中の予定。

 ブロードバンドタワー<3776>では、データセンターでは多層防御に加え、日々のセキュリティ機器の運用・状態把握、攻撃検知の分析、インシデント発生時の即時対応が重要なポイントとして求められるようになっていると説明。巧妙化するサイバー攻撃への対策を考慮し、さらに大企業に劣らない高いセキュリティレベルの実現と、顧客のニーズに合わせた段階的なサービス提供、24時間365日のセキュリティ監視・リアルタイム分析、インシデント発生時に適切な対応策の提示が可能な点を評価した結果、ラック<3857>のSecure Netの採用に至ったとしている。

 BBTower Secure Netは、データセンター利用の顧客だけでなく、ブロードバンドタワー<3776>のクラウドサービスを利用している顧客も利用できる。

 ブロードバンドタワー<3776>では、BBTower Secure Netサービスの開始により、中央都市、大規模団体・組織と同等レベルのセキュリティ対策サービスを提供し、低コストで高度なセキュリティを用いた多層防御を実現、リアルタイム監視によるインシデント発生時の即時把握や、適切な対応策の提示による被害の最小化といった効果を見込むとしている。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月13日(金)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】