サムライズ、8言語に対応したクラウドBIツール「GoodData」新版を販売

クラウド Watch 01月13日(金)13時00分配信

 株式会社サムライズは12日、クラウドBIツール「GoodData」において、レポート編集画面やダッシュボード作成画面が多言語に対応した最新版を販売開始した。

 GoodDataは、米GoodDataが開発・提供しているクラウド型のBIツール。散在するデータから必要な情報を取得してレポートを作成するための、ETLやデータウェアハウス(DWH)、データ解析、ダッシュボード化など、すべての機能をクラウドサービスとして利用できる。

 今回、レポート編集画面、ダッシュボード作成画面において、英語、日本語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、オランダ語、ポルトガル語、ブラジル・ポルトガル語の8カ国語が利用可能になり、海外に進出する企業などで利用しやすくなったという。

 料金はデータ行数によって課金される体系になっており、価格は、100万行の「標準パック」で年額48万円からとなる。なお、ユーザー数やデータソース接続数は無制限で利用できる。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月13日(金)13時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】