NTTマーケティングアクト、クラウド型デジタルマーケティング基盤を利用したコンタクトセンターソリューション

クラウド Watch 2017年04月19日(水)15時44分配信

 株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト(以下、NTT<9432>マーケティングアクト)は19日、クラウド型デジタルマーケティング基盤を構築し、これを利用したコンタクトセンターソリューションを4月20日より提供すると発表した。

 具体的には、3つのサービスを用意する。1つ目は、電話、メール、チャット、SNSなど、複数のチャネルからの問い合わせに対応する「マルチチャネル受付サービス」。受付を電話だけでなくさまざまなチャネルに分散させることで、受付品質の向上が見込めるほか、ユーザー属性に適したチャネル応対により、販売機会の創出も期待できるとのこと。

 2つ目の「顧客の声(VOC)分析サービス」では、コンタクトセンターに寄せられた「顧客の声」の音声をテキスト化し、「売上向上」「コスト削減」「サービス開発」等につながる分析サービスを提供する。

 また、3つ目の「FAQコンサルティングサービス」は、FAQコンテンツの拡充を図るもの。顧客からひんぱんに尋ねられる質問と回答を収集し、体系的なFAQとして整備・構築することで、各種応対業務の生産性向上やノウハウの継承、新人教育など、多くのシーンで活用できるようにする。

 参考価格は、マルチチャネル受付サービスが1席あたり月額2万2000円(税別)から、ほかの2つが個別見積もり。NTT<9432>マーケティングアクトでは、自社が運営する西日本地区を中心とした21拠点(コンタクトセンター)を利用して、ソリューションを提供する考えだ。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月19日(水)15時44分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】