日本IBM、Watsonを活用したアプリケーション開発の資格認定を開始

クラウド Watch 2017年04月20日(木)13時02分配信

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は20日、IBMプロフェッショナル資格認定制度において、「IBM Watson」を活用したアプリケーション開発の資格「IBM Watson Application Development」の日本語版による認定を開始した。

 「IBM Watson Application Development」は、日本で初めてのIBM Watsonに関する認定資格。AI(人工知能)の概念や特長、機械学習技術といった基礎知識から、開発および具体的な利用ケースの知識、IBM Watsonの主要なAPIの機能や利用方法、複数のAPIを組み合わせて構成する方法まで、コグニティブシステム構築のための実践的な知識の習得を認定する。

 受験料は2万1600円(税込)。なお、この認定試験に合格すると、「IBM Certified Application Developer - Watson」の資格、およびデジタルに資格情報を証明できるIBM Watsonデベロッパー認定「バッジ」を取得できるとしている。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月20日(木)13時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】