キヤノン、ビジネス向けレーザープリンター/複合機「Satera」シリーズ15機種を発表

クラウド Watch 2017年04月20日(木)16時57分配信

 キヤノン<7751>は、レーザープリンター/複合機「Satera」シリーズの新製品として、ビジネス向けA4モノクロレーザープリンター「Satera LBP312i」などプリンター・複合機合計15機種を4月27日より順次発売する。

 A4モノクロレーザープリンターでは、「Satera LBP312i」を6月上旬に発売する。価格は7万9800円(税別)。

 プリント速度がA4片面で毎分43枚、A5片面で毎分65枚の高速印刷に対応。従来機種「Satera LBP6710i」に比べて、体積の約36%小型化と、最大2660枚の給紙を実現。スペースが限られる小売業の店頭や医療機関の窓口など、高速かつ大量の印刷ニーズに応える。

「Satera LBP312i」

 A4カラーレーザープリンターでは、「Satera LBP654C/652C/651C/612C/611C」の5機種を4月27日に発売する。価格はオープンで、直販サイトでの販売予定価格(税別)は、654Cが9万8000円、652Cが8万2800円、651Cが6万1800円、612Cが4万7800円、611Cが4万2800円。

 各機種とも従来機種からプリント速度の高速化を実現。Satera LBP611C以外の4機種では、無線LAN、モバイル印刷に標準で対応した。Satera LBP654Cでは、視認性に優れた5.0型のカラー液晶タッチパネルを採用し、画面上で指を動かしてフリックする直感的な操作を可能にした。

「Satera LBP654C」
「Satera LBP612C」

 A4カラーレーザー複合機では、「Satera MF735Cdw/733Cdw/731Cdw/634Cdw/632Cdw」の5機種を4月27日に発売する。価格はオープンで、直販サイトでの販売予定価格(税別)は、735Cdwが9万4800円、733Cdwが7万6800円、731Cdwが7万1800円、634Cdwが5万9800円、632Cdwが5万4800円。

 各機種とも従来機種からプリント速度の高速化を実現。Satera MF735Cdw/733Cdw/634Cdwでは、両面同時読み取りADF(自動原稿送り装置)を新たに搭載し、モノクロ毎分47ページ(300dpi、両面)、カラー毎分27ページ(300dpi、両面)の高速スキャンを実現した。

「Satera MF735Cdw」
「Satera MF634Cdw」

 A3モノクロレーザープリンターでは、「Satera LBP443i/442/441/441e」の4機種を4月27日に発売する。価格(税別)は、443iが14万8000円、442が12万8000円、441が10万8000円。441eはオープンで、直販サイトでの販売予定価格(税別)は7万3800円。

 各機種とも従来機種からプリント速度の高速化を実現。Satera LBP443i/442/441では、片面でも両面でも印刷スピードが変わらない「両面生産性100%」を実現した。

「Satera LBP443i」
クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月20日(木)16時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】