メラノックス、Ethernetスイッチ「Spectrum」製品群を国内で本格展開

クラウド Watch 2017年04月21日(金)06時00分配信

 メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社(以下、メラノックス)は20日、最大100Gigabit Ethernet(GbE)に対応可能なEthernetスイッチ「Spectrum(スペクトラム)」製品群を、日本市場で本格的に出荷開始すると発表した。

Spectrum SN2100
Spectrum SN2700

 メラノックスはイスラエルMellanox Technologies(以下、Mellanox)の日本法人だが、Mellanoxといえば日本市場ではInfiniBand関連のベンダーというイメージが強く、Ethernet製品を手掛けていることは、意外に知られていないという。しかし6年前から、InfiniBandでの基礎技術をもとにして、10Gbps以上のEthernet分野にも進出。さまざまな製品をリリースしてきた。

 その強みは、InfiniBandで培った技術をベースにEthernet製品を提供できること。高速インターコネクトとしてInfiniBandはEthernetの先を行っており、InfiniBand向けに先行して開発したチップをEthernetで利用できるため、結果としてコストを抑えて提供できるのだという。また、InfiniBandで大規模な導入が行われた後でEthernet製品が提供されることから、技術的にも安定したものになっているという点も、大きなメリットだ。

 2016年前半の25/40/50/100GbpsのNIC<5742>では、Mellanoxは86%もの市場シェアを持っており、前記のように高速製品に強いという会社としての特長から、今後も大きな成長が期待できるという。

 さらにMellanoxは、チップからアダプタ(NIC<5742>/HBA)、スイッチだけでなく、ケーブルやインターフェイスモジュールを含めてエンドトゥエンドで製品を提供できることも強み。Mellanoxの社長兼CEO、エヤル・ワルドマン氏は「もちろん製品間の相互互換性は担保されており、必要なところだけを利用いただくことはできるが、当社の製品をエンドトゥエンドで利用した方が生産性は良い」とアピールする。

Mellanoxの社長兼CEO、エヤル・ワルドマン氏

 今回、国内での本格提供が発表されたスイッチのSpectrumは、すでに限定された事業者などへ国内でも出荷されているが、安価、高品質といった特長を生かして、提供を拡大するとのこと。代理店としては、ネットワールド、マクニカアルティマカンパニー、サーヴァンツ、東京エレクトロンデバイスなどが挙げられているが、同社ではさらなる販路の拡大を図り、国内ユーザーへの浸透を目指すとしている。

 なお、日本法人のジェネラルマネージャー兼社長として、4月付けで新たに西尾則子氏が就任したことも発表された。ワルドマンCEOは、日本市場について「プレゼンスを日本、アジア地域で成長させていきたい。国内のOEMやお客さまのサポートを行うほか、日本のエコシステムも作りたいと考えている。2020年の東京オリンピック<8289>では、8K動画が期待されているが、その場合は100Gbpsを超えるネットワークが必要になり、それを提供できるのは当社だけだ」と述べ、今後の発展に期待を示した。

メラノックスの西尾則子社長
クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月21日(金)06時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】