エプソン、省スペースデザインのビジネスインクジェット複合機3機種を発表

クラウド Watch 2017年05月17日(水)12時42分配信
PX-M781F
PX-M780F
PX-M680F

 エプソン<6724>は17日、ビジネス向けのA4インクジェット複合機の新製品として、高速印刷・高耐久モデル「PX-M781F」「PX-M780F」「PX-M680F」の3機種を5月25日に発売する。価格はオープンで、市場予想価格はPX-M781Fが2万円台後半、PX-M780Fが2万円台前半、PX-M680Fが1万円台後半。

 新製品は、設置面積を従来製品から約14%削減(PX-M781F/PX-M780Fの場合)するとともに、柔らかな曲線でインテリアと調和するラウンドコーナーデザインを採用。操作パネルには、PX-M781Fでは4.3インチ、PX-M780F/PX-M680Fでは2.7インチの光学式カラータッチパネルを採用し、スムーズな操作を可能にした。また、店舗のカウンターやラック<3857>上など狭いバックヤードにも設置できるよう、操作パネルは最大90度まで角度調整が可能なチルト機構を採用した。

 「PrecisionCoreプリントヘッド」の採用により、印刷スピードを向上。PX-M781F/PX-M780Fでは、従来機の約2倍のカラー印刷速度となった。また、大容量インクカートリッジの採用により印刷コストを抑えるとともに、インクの交換回数を減らし、ユーザーの手間を低減する。

 にじみにくい全色顔料インクを採用し、印刷画質についても従来機に対してインクの打ち込み量を制御することで、文字のエッジ部分を小さなドットサイズで表現するなど、小さな文字も細線も鮮明に印刷できるようになった。

 FAX機能については、複数枚の受信を両面印刷で出力する自動両面FAX受信対応により、FAX出力の用紙を削減。また、FAX送信時の発信人の名称を最大21件まで登録でき、会社名や部署の名称、個人名など、送付先に合わせて発信人を選択できるようにした。

 USB 2.0接続のほか、有線LAN(100BASE-TX/10BASE-T)および無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)による接続に対応。本体には新たにNFC機能を搭載し、Wi-Fi Directの接続設定が簡単に行える。

 PX-M781Fは、連続印刷スピードがカラー片面毎分22枚、ファーストプリント時間は約6.5秒、印刷コストはカラーA4サイズ1枚あたり7.3円。耐久性は10万ページ。また、給紙カセットを2段標準装備する。

 PX-M780Fは、連続印刷スピードがカラー片面毎分20枚、ファーストプリント時間は約7秒、印刷コストはカラーA4サイズ1枚あたり7.3円。耐久性は10万ページ。

 PX-M680Fは、連続印刷スピードがカラー片面毎分10枚、ファーストプリント時間はカラー約10秒、モノクロ約7秒、印刷コストはカラーA4サイズ1枚あたり11.4円。耐久性は8万ページ。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月17日(水)12時42分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】