フューチャーアーキテクト、クラウド型のIoTプラットフォーム「Future IoT」を提供

クラウド Watch 2017年05月18日(木)14時51分配信

 フューチャーアーキテクト株式会社は18日、クラウド型のIoTプラットフォームサービス「Future IoT」の提供を開始したと発表した。

 Future IoTは、生産設備や作業工程などから収集した大量のプロセスデータをクラウド上で統合管理し、リアルタイムに分析できるようにするIoTプラットフォームサービス。生産設備をネットワークにつなぎ、生産管理や品質管理の精緻なデータをクラウド上に収集・解析することにより、品質や生産性を向上させ、収益の増加につなげる。また、ビッグデータの多面的な分析を可能にし、データに基づく経営管理と迅速な意思決定を支援する。

 フューチャーアーキテクトでは、多種多様な業種や業態の顧客向けに、大量のデータをリアルタイムに処理・分析できる専門性の高いシステムを設計・構築してきた知見とノウハウを結集し、Future IoTとして体系的に整備した。

 サービスにより、多量のデータを有効に活用することで生産工程の実態を見える化し、生産効率や品質を向上させ、競争力の強化と収益の増加につなげることが可能。また、ローカルに閉じた情報化ではなく、設備をネットワーク接続してデータを一元管理し、双方向で連携させることで、精度の高い生産履歴管理(トレーサビリティ)を可能にする。

 フューチャーアーキテクトでは、Future IoTを、業種業態を問わずサービスを提供するプラットフォームと位置付け、製造業をはじめさまざまな顧客向けにサービスを提供していくとしている。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月18日(木)14時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】