法人向けマーケットプレイス「OPTiM Store」、Microsoft Azureの販売が可能に

クラウド Watch 2017年05月19日(金)13時08分配信

 株式会社オプティム<3694>は19日、法人向けマーケットプレイス「OPTiM Store」において、マイクロソフト クラウド ソリューション プロバイダー(以下、CSP<9740>)プログラムに参加しているパートナー向け機能を強化すると発表した。新たに、Microsoft Azureの販売機能を提供開始する。

 OPTiM Storeは、法人向けのマーケットプレイス構築プラットフォーム。オプティム<3694>のアライアンスサービスによる提供商材をはじめ、自社のサービス・製品を掲載したマーケットプレイスを簡単に構築できるという。

 今回は新たに、CSP<9740>プログラム参加パートナー向けのAzure販売機能を追加した。OPTiM Store上で、Azureの販売と利用料金計算、ならびに利用状況の可視化が行えるようになる。販売者側の機能では、Azure上で提供している各種要素に対して、個別で販売価格を設定できるため、一律利益率を設定して提供するケース、あるいは、要素ごとに販売価格を設定して独自の価格体系を提供するケースのいずれにも対応可能とのこと。

 また購入者側では、利用状況をグラフで表示し、可視化する機能を利用可能。日ごとの利用料金の確認や、カテゴリごとの利用量の推移などを分析することができる。さらに、与信額や利用予定額を設定し、設定金額を超えそうなペースを検出して警告する機能も提供されるとした。

利用状況のグラフ表示イメージ
クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月19日(金)13時08分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】