シャノンとSCSKサービスウェア、BtoBマーケティングソリューションを共同で提供

クラウド Watch 2017年06月19日(月)16時07分配信

 株式会社シャノン<3976>SCSK<9719>サービスウェア株式会社は19日、「SHANON MARKETING PLATFORM (以下、SMP)」の代理販売を含むBtoBマーケティングソリューションの提供で、協業を開始したと発表した。

 両社では、企業にもマーケティングオートメーションなどBtoBマーケティングのさまざまなツールやサービスの導入が広がっているが、マーケティングの知見や経験不足などで、成果に結びつかない企業も少なくないと指摘。こうした課題に対し、両社のサービスを組み合わせて提供する。

 具体的には、シャノン<3976>が提供するSMPと、SCSK<9719>サービスウェアのコンタクトセンター運用やコミュニケーションノウハウを活かしたBPOサービスを組み合わせて提供。BtoBマーケティングのコンサルティングから、SMPの導入・運用、デジタルコンテンツの制作、電話を活用したインサイドセールスまでをワンストップで提供する。

 SMPは、マーケティングの統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーション。申込フォームや告知サイトの作成、セミナー/イベントでの申込・来場管理、名刺情報管理、キャンペーン運営業務やメール配信など、マーケティング業務全般の一元的な実施・管理を実現する。

 オンライン・オフラインを問わず、行動履歴を自動で見込み客データとひも付けて蓄積データの管理を一本化。属性や履歴を横断したリードの検索・抽出やスコアリング機能でリード評価の品質を向上させる。データを可視化する標準ダッシュボードも搭載し、企業単位でのマーケティングデータ管理やマーケティング成果の予実分析などの高度なデータ分析により、営業サイドと連動して企業のマーケティング支援を行うことができる。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)16時07分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】