アシスト、Webアプリ開発の超高速化を支援する「AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版」

クラウド Watch 2017年09月15日(金)14時13分配信

 株式会社アシストは15日、超高速開発基盤「AEDAN(えいだん)内製パックWebアプリケーション開発版」を提供開始すると発表した。

 「AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版」は、米Progress Softwareのルールエンジン「Progress Corticon」と、キヤノン<7751>ITソリューションズ(キヤノン<7751>ITS)が開発・提供するWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」を組み合わせたパッケージ。システム開発の超高速化に加えて、柔軟性および保守性の高いシステムの構築を実現するという。

 Progress Corticonは、ビジネスルールをアプリケーションから切り離すことで、システムの柔軟性を向上させることが可能。さらに、Web Performerを用いることで、開発者のスキルに依存せずに、高速・高品質なアプリケーションを開発可能にし、企業におけるWebアプリケーションの内製化を強力に推進するとしている。

 「AEDAN内製パックWebアプリケーション開発版」は年間サブスクリプションライセンスで提供され、最小構成価格は初年度が月額29万5900円(税別)から。アシストでは、2018年9月までに12ライセンスの販売を見込んでいる。

クラウド Watch
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)14時13分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。